【レビュー】Nikon Z 50mm f/1.8 Sは突出した解像性能

 Z 50mm f/1.8は解放から優れたレンズのようです。

 
いいところ
良い製造品質、Z6/Z7ととても良いバランス
どの絞りでも素晴らしい解像性能
よくコントロールされたサジタルコマ収差
最小限の縦色収差
 
よくないところ
伝統的50mm f/1.8の標準的サイズよりも大きい
Fマウントレンズよりも価格が高い(だが完全に新しい設計)
最上級とは言えないボケ(特定の被写体と絞りで玉ねぎ状の同心円が見られる)
 
結論
Nikon Z 50mm f/1.8 Sは、Zシステム用の協力な標準レンズで、優れたシャープネスと解放での性能を提供する。よりよいレンズが市場に出回っているが、解放で撮影してコマ収差と縦色収差を補正できるシャープなレンズはない
 
(記事を一部意訳しています)

 ニコンのフルサイズミラーレス用のレンズとして発売されているZ 50mm f/1.8 Sですが、かなり素晴らしいレンズという評価のようです。

 これはDPreviewというカメラの世界では有名なレビューサイトの評価で、そのような評価ですので一定の評価があると考えることができそうですね。

 全体的に素晴らしいようですが、マイナスなポイントとしては価格が高いこと、価格と比較してボケが最上位のものとは言えないという評価のようです。ただ、これは背景に小さい光源がある場合で、そしてかなり拡大してみないとわからないため一般的な利用ではさほど問題ないのかもしれません。

 あと価格についてはSレンズですので、このぐらいの価格になってしまうと思います。たぶん廉価な標準レンズも発売されると思いますので、その場合には安いレンズが発売されるのではないかと思います。

 本体もレンズもひとまず好評のようで安心ですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)http://www.nikoneye.com/__trashed/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。