【Nikon Zレビュー】Z 24-70mm S f/4は超 “超解像” レンズだ

【Nikon Zレビュー】Z 24-70mm S f/4は超 “超解像” レンズだ

 Nikon Z用の標準ズームはかなり素晴らしいようです。

 Nikon Z 24-70mm f/4 Sはコンパクトでハイパフォーマンスなニコンのフルサイズミラーレス用 超 “超解像” レンズだ。これはとても小型で、光学性能は素晴らしく、Nikon Z用として手に入れられる最高のレンズだ。私はサイズが大きくなって性能が劣化しても一眼レフ用のレンズをFTZで利用することは気にならないが、もしあなたがZボディを使用するのであれば、それに合った正しいレンズを手に入れたほうがいい。
 
(記事を一部意訳しています)

 Nikon Z用の標準レンズである24-70mm f/4ですが、概ね好評なレンズのようです。このレンズはただの標準レンズではなくSラインというレンズになっていて、SラインのレンズというのはZ用のレンズのなかでも、性能の高いレンズにのみつけられる称号となっています。なので、このレンズの解像性能の高さは、ある意味当然ということがいえそうです。

 ただ一部の評価としては歪みの補正にデジタル補正が強めに利用されているという評価もあります。恐らく、小型で軽量にするために歪曲収差などはデジタル的に補正し、他の収差などは工学的にレンズで良好に補正するなどしているのだと思われます。

 f/2.8通しのレンズよりは暗いレンズなわけですが、小型軽量で、解放からでもシャープに撮影できるレンズということで、このレンズは様々な撮影で重宝しそうなレンズですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)http://www.nikoneye.com/nikon-24-70mm-s-lens-review-by-ken-rockwell-best-lens-you-can-get-for-you-nikon-z-now/

レビュー・製品情報カテゴリの最新記事