ソニー、リコー、キヤノンはNikon Zをどうみているのか?

ソニー、リコー、キヤノンはNikon Zをどうみているのか?

 ライバル社はニコンのZシリーズをどのようにみているのでしょうか?

 
岩附さん(ソニー):チルト式の背面液晶が気になっていました。動画を撮る方はもちろん購入を検討していると思うんですけど、ウエストポジションで撮影するユーザーがすごく増えてきているので、いいですよね。
 
あと、カチッとしたデザインなんですけど、新しい操作性やUIの部分など、全般的に素晴らしいなと思っています。
 
荒井さん(リコー):質問になってしまうのですが、今までFマウントを使われていた方は移行している印象ですか? それともそうでもないなという感じでしょうか。
 
笹尾さん(ニコン):マウントアダプターFTZを介していろいろなレンズを使う際の性能は担保できているので、Zシリーズを購入されている方は、かなりの方がマウントアダプターを使ってFマウントレンズを使われているんじゃないかと思います。Zマウントのレンズがまだ揃っていない部分もありますし。
 
津幡さん(キヤノン):第一印象は、ニコンさんは撮る人に寄り添ったカメラだなというものです。グリップを握った瞬間に、ニコンのカメラだなとわかるんですね。うちの技術すごいでしょうというのではなく、使いやすいでしょうという感じが出ていて、非常にいいなという印象です。
 
あとは、レンズのラインアップがすごいですね。いろいろ候補があった中で、最初に発売したレンズ群のセンスが、僕らキヤノンからしたらすごいな、お客様目線だなと思うところはあります。
 
(記事を一部引用しています)

 各メーカとのインタビュー記事が掲載されています。その中から一部を抜粋して紹介します。上記はNikon Zシリーズを各社はどうみているのか?というインタビューの内容です。概ねユーザインターフェースまわりが優秀で、一眼レフからすぐにでも移行できるカメラとして評価されているというようなことがわかりますね。レンズのラインナップについても概ね好評のようです。これらが功を奏して売上にもつながっていくといいなと思いますね。

 記事の中にはキヤノンがレンズ戦略について述べている部分もあります。具体的には、こんな内容です。

<<下に記事が続きます>>


 
ギズ:ちょっとマーケティング的な話になってしまいますが、APS-C、フルサイズ、1インチなどいろいろなサイズのセンサーがありますけど、その辺りの考え方というのはみなさんどうなんでしょうか。
 
津幡さん(キヤノン):レンズでいうとフルサイズと互換性を持たせなければいけないと思っています。フルサイズ機のコンテンツではAPS-Cと比較してしまっているんですけど、もちろん僕らもAPS-Cを捨てたわけではないです。センサーによる特性や撮影ジャンル、ユーザー層は異なるので、フルラインアップで互換性を持たせてやっていくのが今後の流れだと思っています。
 
(記事を一部引用しています)

 これはキヤノンがAPS-Cとフルサイズのレンズについて述べている部分です。これを文字通り解釈すると、APS-Cセンサーのカメラと、フルサイズセンサーのカメラの両方で互換性が必要というようなことが述べられています。つまり、フルサイズセンサーのレンズもAPS-Cのカメラで利用できるし、その逆も恐らく可能ということだと思います。

 いまのキヤノンはAPS-Cミラーレスのレンズとフルサイズミラーレスのレンズはマウントが異なるため直接的に接続して利用するということはできません。互換性を持たせるということは、たぶんですが、APS-CミラーレスのマウントをフルサイズミラーレスのRFマウントにいずれ移行するのできないか?ということが考えられますね。

 もう一つの可能性としては、APS-Cにフルサイズミラーレス用のレンズを接続するマウントアダプタを発売する可能性です。ですが、RFマウントとEF Mマウントのフランジバックの差は2mmしかないので、できないこともないと思いますが、かなり難しいのではないかな?と思いますね。ですが、この場合、APS-Cのレンズをフルサイズミラーレスに取り付けることはできませんので、完全な互換性ではなく前方互換性ということになりますので、それだと互換性としては微妙なところになりますね。どのような考え方をしているのか興味のあるところですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.gizmodo.jp/2019/04/nikon-ricoh-canon-sony-camera.html



レビュー・製品情報カテゴリの最新記事