【レビュー】NIKKOR Z 14-30mm f/4 S は期待以上のキレキレの解像力

 Zシリーズのレンズは概ね評価が高いようですね。

 
 ニコンZユーザー待望の広角ズームがいよいよ発売される。14~30ミリの絞り開放F4.0としZのボディーにマッチする約485グラムの軽量なレンズは、先行するNIKKOR Z 24-70ミリメートル f/4 S同様に沈胴式を採用。縮めて小さく携行できるが、思いのほか存在感があるのはφ82ミリのフィルター径と花形フードの印象からだろう。Zシステムで14ミリを得るならFマウントのAF-S NIKKOR 14-24ミリメートル f/2.8G EDをマウントアダプターFTZで使う選択肢もある。確かにF2.8は魅力だが、Z用14~30ミリではレンズ前にフィルターを装着できる。風景撮影ではやはりPLやNDフィルターが使えるのは何かと有利だ。
 
 非球面レンズ4枚を含む12群14枚構成。有害光によるフレアやゴーストの発生を低減するナノクリスタルコートと前玉には防汚のフッ素コートが施されている。絞り羽根7枚は24~70ミリF4と同じだが、ズーム全域で0.28メートルまでの寄りが利くレンズなので、マクロ的な撮影でのボケ味を考えると頑張って9枚羽根の円形絞りにするか、または風景や夜景でのシンプルな光芒になる偶数6枚羽根でもよかったと思う。
 肝心の描写は期待以上のキレキレの解像力で唸らせてくれる。14ミリのド派手なパースデフォルメ表現から、スナップにも使いやすい30ミリを手軽に持ち歩け、超高感度域も余裕のZなら開放F4はネックにはならないだろう。極めて高い満足感を得られる一本だと思う。
 
(記事を一部引用しています)

 ニコンのf/4通しの広角ズームレンズの評判が高いようですね。これまでの一眼レフはレンズの後玉とセンサーの間にミラーを設置する必要があったため、様々なレンズ設計の工夫でセンサーとレンズの後玉の間にスペースを作る努力をしてきました。これは望遠レンズでは問題ないのですが、広角レンズになると様々な手法を用いなければならず設計が難しいと言われていますね。

 ところがミラーレスになって、文字通りミラーを設置しなくてもすむ(=ミラーレス)ということで、よりレンズの後玉をセンサーに近づけることが可能となっています。そのため、特に広角レンズは設計の自由度が高まると言われており、それにより性能の高いレンズが発売されるのではないか?と考えられていましたね。そしてニコンはさらなる技術を導入して、新しいレンズの設計を行っているようです。それはどのような設計方法なのでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 ニコンは2013年頃よりレンズのすべての収差を測定できる計測装置を開発して利用しています。これにより解像力、ボケ味、質感などといった様々なレンズの味(特性)を測定できるようになり、これを開発に活かすことで、よりよいレンズの設計が可能になっているようです。

 また実際にレンズを試作しなくてもコンピュータ上での試作して試写するのと同等のシミュレーションをシミュレーター上で実現しており、より様々なレンズ設計をコンピュータ上で試すことができるようになっているようで、このことも短時間でより多くのパターンのテストが可能になり、レンズ設計の向上に寄与しているようですね。

 そして、これらの設計手法を最初に採用したレンズは2016年に発売されていますので、今回のZシリーズ用のレンズはほとんどが、恐らくこれらの最新手法により設計された高性能のレンズであると考えられます。そのため、やはり以前のレンズよりもかなり高性能になっているということが言えるのかもしれませんね。

 たぶん、将来的にはAIを利用し、AI自身にカメラ設計を学習させ、最もいいレンズの組み合わせを自分自身で自動で行わせるようなシステムが開発され、さらなる高性能なレンズの開発が容易になると考えられます。そういう別の手法も研究していくことも重要になるかもしれませんね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190426-00000090-sasahi-prod



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。