【レビュー】Nikon Z 50は某αと違いZ6/Z7と比較して”格下感”がない

【レビュー】Nikon Z 50は某αと違いZ6/Z7と比較して”格下感”がない

2019年の総括をするには、いささか早すぎな気がするけれど、個人的に一番インパクトがあったのはコレになりそうな気がする。

「ニコンZ 50の登場」だ。

ナニがいいって、まずフルサイズのZとの比較で画質にあからさまな差がないのがいい。APS-CのZ 50でも、フルサイズのZ 6やZ 7と完全相似形の「Z」のテイストそのまんまの仕上がりがちゃーんと得られるのだ。つまり、その点における「格下感」がゼロ。これ、案外大切な要素だと思う。某αなんかじゃ結構あからさまだからね。

で、最大コマ速はAF・AE追従で11コマ/秒(拡張時)と親玉たちと肩を並べるスペックを確保。ここにも格下感はない。しかも、動体に対するAFの追従性は、親玉たちよりもいいんじゃないかという上々の仕上がりだ。それが、この小さくて軽いボディで味わえる。

ボディ内手ブレ補正を省くなどの割り切りを経ての小型軽量化ではあるけれど、中級機としては十分に上質、かつ小気味の良いレリーズ感触やEVFの見えなど、レンズ交換式カメラとしての仕上がりバランスはきわめて良好だ。おかげで、ワタシのようなインスタグラマーやインフルエンサーなんてモノには縁遠い、せいぜいインフルエンザの予防接種をするのが関の山であるおっさんにとっても「使っていて楽しいカメラ」になっている。

それらの印象を強力に後押しすることになっているのが、キットを組むことにもなる「ZのDXレンズ」たち。「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」と「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」は、プラマウントのスカッと軽い「よくあるキットレンズ」なのだけど、これが両方ともビックリするほど良く写るんだな。描写の均質性に助けられるカタチで開放F値が躊躇なく使え、さらにAPS-C機でトップレベルにあるZ 50の超高感度画質に頼るならば、テレ端の開放F値がF6.3であるところさえも余裕のよっちゃんで許せる……この眩しいばかりのチームワークには、ZマウントとDXフォーマットの“意外な相性の良さ”を感じざるを得なかった。

ニコンが最初から「ZのDXモデル」を明確に計画していたのかどうかは分からない。でも、Z 50のリリースは大正解だと思う。そもそも「D5000」と「D5500」を愛用してきていたという下地があるからこその「Z 50惚れ」であり「Z 50推し」でもあると自分では思っているのだけど、旧来のD5000シリーズや新生Z 50が醸し出す「ちょうどよく必要十分な使い心地」って、改めて大きな魅力をたたえていると感じることになった次第。写真を撮っていてホントに楽しいのは、ジツはこういうスタンスのカメラなんだよなぁ。

(記事を一部引用しいます)

Nikon Z 50のレビューが掲載

マイナビニュースにNikon Z 50のレビューが掲載されていました。レビューによればZ 6やZ 7のAPS-C版とも言えるカメラに仕上がっていて、決してAPS-Cだからといって何かが削られたようなカメラではないという趣旨のレビューになっているようですね。

最大撮影速度に関しても11コマ/秒と優れていて、EVFの素晴らしさや、APS-Cであることによる小型化、画質の面でもフルサイズセンサーとあからさまな差がないのがいいとされています。なかなかのべた褒めな感じで高評価なレビューであることがわかりますね。

ところで気になるのは、この部分です。引用してみます。

まずフルサイズのZとの比較で画質にあからさまな差がないのがいい。APS-CのZ 50でも、フルサイズのZ 6やZ 7と完全相似形の「Z」のテイストそのまんまの仕上がりがちゃーんと得られるのだ。つまり、その点における「格下感」がゼロ。これ、案外大切な要素だと思う。某αなんかじゃ結構あからさまだからね。

某αは、もう誰にでもわかると思いますがソニーのαシリーズのことだと思います。ソニーのαシリーズは、APS-Cとフルサイズのカメラでかなり画質に差を付けているのでしょうか?ソニーのミラーレスカメラについてあまり詳しくないのでわかりませんが、そのように画質で差をつけて製品の差別化をしているという可能性もあるのかもしれませんね。

<<下に記事が続きます>>


高評価なキットレンズ

キットレンズに関してもかなりの高評価を得られているようです。解像感も高く、開放でも歪みが少ないようで、さらに望遠端がf/6.3と暗いですがそれもZ 50の高感度耐性から躊躇なく利用できると評価されています。

画像をみるとNIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRはパンケーキレンズかと思うぐらい薄く設計されているようです。これはZマウントの口径が大きいので、レンズの鏡筒の中に沈胴機構を入れやすいので、より容易に沈胴式のレンズが作ることができるからではないのかな?と思います。望遠ズームのNIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRにしても、実際には50-200mm程度の焦点距離の望遠ズームレンズの全長ほどにもかかわらず望遠端で250mmを実現しているので、こちらも沈胴式レンズのメリットが現れていると考えることができそうですね。

ニコンのAPS-C一眼レフではAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIが非常に評価の高いレンズで、f値さえ気にしなければ単焦点レンズかも思われるシャープな写真を撮影できるというようなレビューが多くありました。もし同様に評価の高い標準ズームレンズだとしたら、かなり期待できそうです。

あとは安価な単焦点レンズも期待したいところですね。換算35mm、換算50mm、標準マクロ、ポートレート用あたりの単焦点レンズが欲しいのは自分だけでしょうか?

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事を一部引用しています)https://news.mynavi.jp/article/20191106-917974/

レビュー・製品情報カテゴリの最新記事