Nikon Z 50レビュー公開 大ヒット間違いなしのミラーレス

Nikon Z 50レビュー公開 大ヒット間違いなしのミラーレス

「Z 50」は兄貴分の「Z 6」、「Z 7」をギュッとコンパクトにしたルックスでフォトグラファーをやる気にさせてくれるフォルムだ。ボディーサイズは約126.5(幅)×93.5(高さ)×60(奥行き)mm。ボディーの重さはなんと約450グラム(バッテリーおよびSDカードを含む、ボディーキャップを除く)。小さいがしっかりと握れる大型グリップを備えホールド感が高い。望遠レンズ使用時や低速シャッター時でも安心して撮影できるのがうれしい。ファインダーは236万ドット有機ELパネル。優れた光学系を採用し、のぞいた瞬間に「うわ!」と驚くほどきれいでクリアに見える。長時間撮影でも疲れにくい印象を受けた。

ボディーが小さく軽いので入門機と思ってしまいがちだが、実はスペックは上級機並みだ。センサーはAPS-Cフォーマットの有効画素数2088万画素、オートフォーカスはセンサーの縦横約90%をカバーする209点像面位相差AFで、瞳AFや、暗いところでのオートフォーカスを向上するローライトAFにも対応。高速連写はAF/AE追従で約5コマ/秒だが、拡張モードで最大11コマ/秒の高速連続撮影ができる(メカニカルシャッター使用、高速連続撮影、JPEGおよび12bit RAW記録)。もちろん4K UHDムービーも撮影できるのでオールマイティーに使えるミラーレス一眼カメラになっている。

実際に使用した印象は「買い」だ。まず小型軽量で持ち歩きが気にならない。それでいて起動や撮影のレスポンスが良好で気持ちよく撮影ができ、撮影結果もクリーンで美しいからだ。沈胴式で携行性に優れ、よく効く手ブレ補正機能を持つ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」と「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」のダブルズームキットも手頃な価格だし、これからのホリデーシーズンに大ヒット間違いなしのミラーレス一眼カメラだという印象だ。インプレッションしていてかなり欲しくなった1台だ。

(記事を一部引用しています)

Z 50のレビュー掲載

ニコン初のAPS-CミラーレスであるNikon Z 50のレビューが掲載されています。レビューによればフルサイズ譲りの機能で、ホールド感も良く、ファインダーもきれいで連写性能も高いということで、手放しの褒めようですね。

またレンズの性能も良好で、小型でありながら沈胴式であるので、画質的にもきれいに撮影できるようです。そして最後には大ヒット間違いなしとまで言われていますね。

<<下に記事が続きます>>


問題は価格とボディ内手ぶれ補正の有無

ですが、気になるのは価格の高さとボディ内手ぶれ補正の有無でしょうか?このあたりはZ 50をどのクラスのカメラとして認識するかで変わってきそうです。

ニコンではZ 50をミドルクラスやハイアマチュアクラスのカメラに位置づけているようです。そうすると価格的にはまだ納得できますが、それだとソニーのα6600やキヤノンEOS M6 Mark IIのようにボディ内手ぶれ補正が欲しいところだと思います。

ところがもしZ 50をD5x00のようなエントリークラスとミドルクラスの中間ぐらいに位置づけるカメラだとしたら、このクラスのカメラを購入する人はほぼキットレンズのみしか利用せず、このほかにマクロや標準単焦点レンズを1本ぐらい買います程度ということなら、ボディ内手ぶれ補正は必要ないと思いますね。ですが、そうなるとZ 50はそのクラスのカメラとしては、ちょっと値段的に高いのではないか?と思われても仕方のないところですね。

価格についてですが、キャッシュバックキャンペーンがあるので比較的、まあまあ普通の価格に見えますが、キャンペーンがないと考えるとちょっと割高に感じてしまいますよね。当サイトの予測では発売後2ヶ月後のキャッシュバックが終わる頃の最安値は標準ズームキットでキャッシュバック分を差し引いて10万円ぐらいになるのではないかな?と予想しています(参考 待望のAPS-CミラーレスNikon Z 50の発売日決定 発売後の価格を予想してみる)。

一般的に売れるようになるにはダブルズームで10万円以下、標準ズームキットで8万円以下ぐらいにならないと、いまの一眼レフや他のミラーレスとの価格の兼ね合いから難しいように思えますね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00010002-nikkeisty-life

レビュー・製品情報カテゴリの最新記事