Nikon Z 50レビュー キットレンズは”化け物レンズ” 開放からシャープ

Nikon Z 50レビュー キットレンズは”化け物レンズ” 開放からシャープ

Z7 より好きになった。何より撮れる写真が素晴らしく、価格や重さからは信じられない。
格好よく愛らしく、いつも持ち歩きたくなる。グリップしやすく、エルゴノミクスに優れている。
前後のダイヤルと、露出補正、ISO、2つのファンクションボタン等があり操作性がよい。
EVFは Z7 と同様違和感が無く数値では表れせない良さがある。(撮影後の画像確認はOFF)
ダブルズームキットで1kgを切る軽さで持ち歩くのが楽だった。

私はズームレンズも単焦点レンズのように焦点距離を決めて使い、16-50mm は16mm(24mm相当)
50-250mm は50mm(75mm相当)と200mm(300mm相当)F5.6を基本にする。
両方とも開放からシャープで、完全に実用できる。
Z7/Z6 のサブカメラとして最適。(仕事ではメインカメラは2台使う)
Z7 に16-50mm や 50-250mm を付けても意外と似合う。(上の写真)これもアリかな。

こんな小さなレンズで絞り開放からこれだけ撮れれば十分じゃないかな。極端部にコマ収差が見られるが非常に少ない。
これ以上の収差があるもっと高価なレンズがあり、単焦点レンズでもこれより悪いレンズがある。信じられない性能。
ノイズは余り気にせずノイズ低減はLOWに設定しているが、ISO8000でこれだけ撮れればよい。
ISO8000以上は通常使わず、ISOオートの上限を8000にしている。手ブレ補正が強力なので助かる。

50-250mm はすごく存在感のある写真が撮れる。絞り開放からシャープで、画面端部まで収差はほとんど見えない。
20万円を超えるレンズならわかるが、こんなに安いレンズでこれだけ撮れるのは経験がない。驚きだ。

このレンズは化け物(MTF曲線:下の左から Z 16-50mm、Z 50-250mm、Z 24-70mm、F 70-200mm、F 70-300mm)
Z50 のキットレンズは価格や重さを考えると信じられない。(勿論レンズの明るさ、センサーサイズが異なるが)

Nikon Z50 16-50mm F5

(画像クリックで拡大します。記事を一部引用しています)

DPHOTO JapanがNikon Z 50のレビューを公開

DPHOTO JapanにNikon Z50 ダブルズームレンズキットのレビューが公開されています。レビューによれば操作性もよく、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRとNIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRはかなり素晴らしいレンズのようですね。絞り開放からシャープで実用になり、このレンズより劣る単焦点レンズもあり信じられない性能としています。さらに手振れ補正も強力で、ボディ内手振れ補正も必要ないようですね。

NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRも解放からシャープで、画面端部まで収差はほとんどなく、20万円もするレンズなら理解できるけど、この安いレンズでこれだけ撮れる経験をしたことないと述べています。MTF曲線でも機能が高く”化け物”と表現していますね。

というわけでキットレンズはかなり優れた性能らしいことがレビューからわかります。個人的にレンズ性能しだいでNikon Z 50の価格に対する評価は変わってくるのではと思っていましたが、もし本当に単焦点レベルの画質が得られるキットレンズだとしたら、ちょっと見方がかなり変わってきそうですね。ただし、もちろん単焦点レンズは明るいレンズが多いですので、得られるボケなどを考えれば単焦点に分があるのは確かです。

<<下に記事が続きます>>


気になるレンズ価格は?

気になるレンズの価格ですが、価格.comの調査では現在の最安値がNIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRは現在の最安値で3万6630円、NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRは4万3560円となっています。

で、それぞれのレンズキット、ボディの最安値と、そこからの価格差を調べてみました。

Z 50 ボディ 10万7910円
Z 50 16-50 VR レンズキット 12万3273円
 ボディとの価格差 1万5363円
Z 50 ダブルズームキット 15万0845円
 ボディとの価格差 4万2935円
 標準レンズキットとの価格差 2万7572円

というわけで、キットレンズだから当たり前なのですが、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRはレンズキットを購入すると実質1万5000円ほどで手に入り、NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRはダブルズームキットでは実質2万7000円ほどで手に入ることになります。両方を足すと約4万2000円になりますので、Z 50ボディとZ 50 ダブルズームキットの価格差4万2938円とほぼ一致します。

また一眼レフのキットレンズであるAF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRの初値3万2637円、AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRの初値4万1344円と比較すると価格的にも若干高い価格のレンズということが言えそうです。なのでZ 50が高めの価格設定なのはレンズ品質が高く、それだけコストが多少多くかかっていることも一つの理由として考えられそうですね。

いずれにせよ20万円もするレンズなら理解できると評価されるほどいいレンズがキットレンズになっているということで、かなり期待できそうですね。

全文、その他の画像などは本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)http://www.dphoto.jp/archives/nikon-z50.html

レビュー・製品情報カテゴリの最新記事