【レビュー】Nikon Z7は完成度が高い 一眼レフユーザなら買い換える価値あり

【レビュー】Nikon Z7は完成度が高い 一眼レフユーザなら買い換える価値あり

 Nikon Z7のレビューが掲載されていました。

ニコンは9月28日、同社初となる35mm判フルサイズイメージセンサーを搭載するミラーレスカメラ「Nikon Z 7」を発売した。本体価格は44万円前後。
Nikon Z 7は高価であるものの、初回入荷分は既に完売しており、現在は入荷待ち状態である。
 
フルサイズミラーレスカメラといえば、ソニーの「α」シリーズが先行しており国内外の市場でも強さを誇っている。
 
ソニーの「α」シリーズは、
・高画質モデル
・連写に特化したモデル
・高感度、動画向けモデル
・ベーシックモデル
など高機能モデルやコストパフォーマンスにも優れたモデルをラインナップし、幅広い層の取り込みに成功しているからだ。
 
今回のNikonのZ 7は、αシリーズで言うところの高画素モデルにあたる。
風景撮影やポスター撮影などに最適な有効画素数4575万画の高画質イメージセンサーをコンパクトなボディに搭載。さらに手ブレ補正がないレンズでもブレを防ぐボディ内手ブレ補正も搭載する。ニコンらしい直感的なUI(ユーザーインターフェイス)と防塵・防滴性能を持つカメラだ。
 
一方で、αシリーズが評価されている理由の一つ、人物の瞳にピントが合う「瞳AF」機能は非搭載だが、顔認識に対応したオートフォーカスを搭載している、瞳AFはないものの人物撮影には、顔認識機能による顔認識オートフォーカスが便利だ。何をいまさらという機能だが、一眼レフカメラの場合は、少々事情が異なる。
 
これまでの一眼レフでもライブビューによる顔認識オートフォーカスが利用できたが、オートフォーカスが遅く、あまり実用的ではない。このため人物撮影は、ファインダーの中央に集まったAFフレームでピントを合わせたのち、AFロック機能を使用して構図を決める操作を強いられていたのである。
 
フルサイズセンサー搭載するNikonのZ 7でこの動作を省くことができるというのは、ミラーレス化したことによる撮影スタイルの大きな変化だ。
 
また、OVF(光学式ビューファインダー)からEVF(電子ビューファインダー)になったことで、ライブビュー映像のほかに、カメラの設定やカスタム設定などもEVFを覗いたまま変更可能な点も、撮影時での使い勝手が大きく向上したと感じるところである。
 
NikonのZ 7は撮影後、EVFを覗いたまま再生ボタンで撮影した写真のチェックもできるので、無駄な動作なく撮影・チェックができるようになったのもミラーレス化の恩恵だ。
ただ、カメラのUI部分は一眼レフカメラを“ある程度”踏襲しているため、再生ボタンの位置が左上にある。このためEVFを覗きながらだと扱いにくいとも感じた。
 
NikonのZ 7は、MENUボタンや拡大・縮小ボタンが使いやすい右手側に集中している。
左手でレンズを支えながら右手で操作を完結できる地盤ができているだけに後一工夫ほしかった。
 
といはいえNikonのZ 7は、苦言を言いたいことがいっぱいあるというカメラではない。
実に完成度が高く、つい個人的な希望が言いたくなるほどよく仕上がったカメラなのだ
 
(記事を一部引用しています)

 ミラーレス関連の記事をみると、すでにお決まりの枕詞になりつつありますが繰り返しますと、既存の一眼レフとの比較で劣っていた部分もあるミラーレスですが、最近は技術的な進歩でほとんどの状況で一眼レフと遜色なく使えるようになってきていますね。特に無音撮影できるメリットは大きく、ほとんどの室内スポーツ、ゴルフ、バレー、テニス、射撃、アーチェリーなどスイングしたりサーブしたりするときに静粛性が求められるような競技、将棋、チェスなど全般的に静粛性が求められるような状況でも撮影できることで買い換えているプロカメラマンも多いようですね。

 Nikon Z7の特に海外のレビューを読んでいると、使用した感覚が素晴らしいという記事を多くみます。手に馴染んでいて、思ったような操作がすぐできるというような意味ですが、これはZ7がニコンの既存の一眼レフと同じような操作性で利用できるのに加え、比較としては同じフルサイズミラーレスであるソニーとの比較で言われているのかなと思われるレビューが多かったように思いました。

 さらに既存の一眼レフとの比較では、Nikon Z7をポルシェに例えている記事もありました。その記事では、”ポルシェで舗装されていない荒れた場所を走ることは難しいが、舗装された道路であれば誰よりも速く走ることができる”というように例えられていたわけですが、これは非常に的を射たような意見にみえますね。

 既存の一眼レフのようなオールラウンドタイプではないが、特定の撮影をさせたら右に出る物はいないというようなタイプのカメラなのでしょう。その他のシチュエーションについては、他のモデルを販売することでまかなっていくのだと思います。

 いずれにせよ予想以上の市場の反応も良く、初回出荷分は完売で入荷待ちということのようですので、ひとまずは成功ということで、次はプロ用途のカメラや廉価フルサイズミラーレス、レンズラインナップの拡充などに期待したいところですね。
 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)http://news.livedoor.com/article/detail/15420243/

レビュー・製品情報カテゴリの最新記事