キヤノン EOS-1D X Mark IIIのベンチ結果は明白に他社より遅れている??

EOS-1D X Mark IIIのセンサーがDxOMarkの実験室でテストされ、そしてその数値はEOS-1D X Mark IIIの性能が他の競合製品より遅れをとっていることを示唆している。

EOS-1D X Mark IIIの総合スコアは83だ。それはNikon D850のスコアの100、またはソニーのα7R IVの99よりも少ない。ニコンはソニー製のセンサーをD850で利用していることに注意して欲しい。EOS-1D X Mark IIIを他のスポーツ向けのカメラ、ソニーのα9 IIと比較すると、α9 IIのセンサーはスコアが93と明らかにいい。EOS-1D X Mark IIIのスコアはEOS-1D X Mark IIの88というスコアよりも劣るものだ。

純粋なセンサー性能の数値が、カメラ全体の性能を評価するものではなく、カメラの一つの側面を表していることは確かに理解している。それでも、EOS-1D X Mark IIのセンサースコアで他の競合製品よりとても低いことを、キヤノンのマーケティング部門は心配する必要があるだろう。

(記事を一部引用して意訳しています)

EOS-1D X Mark IIIのセンサー性能が低い?

CanonWatchがEOS-1D X Mark IIIのDxOMarkのベンチマーク結果について報告しています。画像クリックで結果の表が拡大します。

記事によればキヤノンのスポーツ撮影向けのフラッグシップモデルであるEOS-1D X Mark IIIのセンサー性能が、他社の競合製品よりも劣るとしています。実際にDxOMarkのフルサイズセンサーの全体スコアで比較すると、他の製品よりやや劣る数値であることがわかりますね。

例えば、Nikon D850が100,ソニーのα7R IVが99に対して、EOS-1D X Mark IIIは83と15ポイント以上も数値が劣る結果となっています。スポーツ撮影向けの製品と比較しても、ソニーのα9 IIが93,Nikon D5の88と比較しても劣る結果です。

そして不思議なことに、EOS-1D X Mark IIIの旧機種であるEOS-1D X Mark IIよりも数値的に劣る結果となってしまっています。

デュアルピクセルオートフォーカスが足かせに?

記事中でニコンはソニー製センサーを利用しているというのは理由があり、キヤノンは一眼カメラに関してはキヤノン内製のセンサーを利用していることを念頭に置いているからだとおもわれます。つまり、ソニーとニコンの数値が同等なのはニコンがソニー製のセンサーを利用しているからで、そしてキヤノン製センサーの数値が劣るのは、キヤノン製だからということを頭に置いていると考えられるわけですね。

確かに、これまでのカメラについても同様の傾向があり、それはキヤノン内製のセンサーを利用しているからではないか?と考える人も多く居るようです。

それでは、なぜそのような問題が発生してしまうのでしょうか?

可能性は二つあると思います。まず一つはキヤノン製のセンサーの多くがデュアルピクセルオートフォーカスを採用していることです。デュアルピクセルオートフォーカスは、センサーの画素を二つに分割することで、全画素で位相差AFを利用できるようにするシステムです。二つに分割しても、後から合成すればノイズなどでは特に問題ないように思えますが、全画素を二分割することになり、電気的には分離されている必要があるため、半導体製造におけるプロセスルールぶんだけ受光面積が目減りしてる可能性があります。受光面積がそれだけ減ればノイズ耐性なども減ることになりますので、それがベンチマーク結果に表れてもおかしくはありません。

二つ目は画素を半分にするということは、それだけ見かけ上の画素数が増えるということになりますので、それだけ多くの計算をする必要がでてくるということです。読み出し画素が少なければ、より簡単に、短時間で画像を生成することが出来ますが、画素が多くなれば、それだけ画像の生成に時間がかかる可能性があります。連写速度を高めようとすると、より短時間で画像の生成が求められます。仮に同じ時間で画像を吐き出すと仮定した場合、画素数が少ないほうがよりじっくりと演算して画像を生成することができますが、画素数が多くなるとじっくりと演算する時間はなく、より短時間が画像を生成する必要があるため、それだけ画質という面では不利になる可能性がありますよね。

このような理由からキヤノン製品に関してはDxO Mark値が低いのではないか?と思われているようです。しかし、EOS-1D X Mark IIIが、そもそも報道写真向けのカメラであることや、十分に画質がよくなっている現在、この手のベンチマークの多少の違いは比較検討に値しないという側面もあります。人によっては気になる側面もあると思いますが、さほど気にする必要がないレベルなのではないのかな?とも思いますね。

2020/07/15 追記

その後DxOMark社による間違いで異なる数値が発表されていたことが明らかになりました。
後にそのことについて記事したいと思っています。

(記事元)https://www.canonwatch.com/canon-eos-1d-x-mark-iii-sensor-dxomarked-clearly-behind-competition/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog