Nikon Z 70-200mm f/2.8レビュー ニコンでベストの一つ

Nikon Z 70-200mm f/2.8 VR Sは大きくて重いが、それはほとんどのプロフェッショナルとハイアマチュアが望むf/2.8通しのレンズを造ることの犠牲だ。また、その支出によって最高の製造品質、カスタマイズ可能なボタン、表示用のディスプレイを手にすることもできる。

それに加え、焦点距離全体での優れたシャープネス、超高速なオートフォーカス、レンズ内蔵の手振れ補正、ニコンの新しいテレコンバーターを装着することでさらに長い焦点距離を撮影できる能力など、素晴らしい画像を製造できるレンズを手に入れることができる。

予想通り、卓越した技術には代償がつきものだ。記事執筆時点では、Nikon Z 70-200mm f/2.8 VR Sは2400ユーロ/2600ドルで販売されているので、これは衝動買いできるような価格ではない。

Fマウントバージョンより約400ユーロ高いので、すでにFTZマウントアダプタを所有していれば、古いバージョンを購入することで少しのお金を節約することも可能だ。

これは決して安価なレンズではないが、それを利用して撮影できる被写体の幅が広いことを考えると、特にプロフェッショナルやハイアマチュアにとっては、とても価値があるとみなすことがでぎる。

全体として、Nikon Z 70-200mm f/2.8 VR Sは、ミラーレス、その他のレンズのなかでニコンが製造したベストのレンズのうちの1本で、ポートレート、野生動物、スポーツ、アクションなどを撮影する誰にも高くお勧めできる。

(記事を一部引用して意訳しています)

Nikon Z 70-200mm f/2.8 VR Sレビュー

PhotographyBlogがNikon Z 70-200mm f/2.8 VR Sのレビューを掲載しています。記事はかなり長文で、サンプル画像などもありますので、詳細は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、レンズの使用感はとても高く、Z 6/Z 7に装着したときのバランスも良いとしています。さらにオートフォーカスはかなり高速で、ほぼすべての状況で間違いなく正確で素早いオートフォーカスが得られるとしています。

また色収差については、目でわかるように色収差についてはほとんど不可能だったとしています。減光については、70mm f/2.8で撮影したときに少しだけ端部で減光があるようですが、それは白い壁などを撮影したときにのみ確認でき、f/4になるとほとんど無くなるとしています。そしてシャープネスに関しては、ほとんどの焦点距離でかなりシャープなレンズでもあるようですね。

他のレビューでも、かなりの高評価を得ているようですので、Nikon Z 70-200mm f/2.8 VR Sは非常にいいレンズのようですが、一般の人々にはなかなか手に入れることができる価格ではないので、その点だけが残念ですね。

(記事元)https://www.photographyblog.com/reviews/nikon_z_70_200mm_f2_8_vr_s_review

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog