NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3の焦点距離が短い理由 小型化最優先

24-50mmのレンズ 焦点距離が短い理由
・Z 5用のレンズとして企画
・いつでも持ち出せるレンズとして小型化したかった
・サイズと重さは50mm f/1.8Gと同じサイズでズームを作りたいということを基準にした
・フルサイズなので広角側になれている人が多いので24mmスタートにしたかった
・28mmスタートならもっと望遠もいけるが、広角側の画角を考えると24mmスタートがいい
・望遠側はサイズを優先して、スナップ撮影メインで、さらにクロップもできるので50mmに決定
・デジタル化で暗くても様々な障害がなくなり、サイズ優先でf値を暗くしている
・このレンズは沈胴式にすると全長を削減できるので沈胴式にした
・画質的にはS-Lineレベル

(動画の内容をまとめて引用しています)
(記事元)https://www.youtube.com/watch?v=t3UyxfLbDLE

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3の仕様の理由

Gizmomo freaksがNikon Z 5に関してニコンとのインタビュー動画を投稿しています。動画では、かなり面白い内容もありますので、興味のあるかたは記事元リンクから動画をご覧ください。

インタビューは、カメラ設計担当の人はレンズ設計の担当の人へのインタビューとなっています。そのうち、NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3に関するインタビューの内容をまとめたものが上記のような内容になります。

そのインタビューによれば、NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3が、通常の標準レンズとしては焦点距離の望遠端が短く焦点距離が標準レンズ止まりになっていることと、f/4-6.3と少し暗いレンズになっていることについて、その理由が明かされています。

その理由としては、主にサイズを小型化することを優先して決めたようです。まず広角側が24mmスタートなのは、最近の標準ズームレンズが24mmスタートであることと、より広角側のほうが建物とか室内の撮影がしやすいので24mmをスタートにしたとしていますね。仮に28mmスタートだと望遠端は50mmよりも長い焦点距離にできたようですが、24mmスタートは譲れなかったようです。

さらに望遠端が50mmであることは、サイズを最優先にしたことと、スナップ撮影用のレンズで、クロップも利用できるので50mmで十分だと判断したとしています。

Z 5用に開発されたレンズ

キットレンズにどのようなレンズを添付するのかというのは、かなり難しいところですよね。とにかく安く廉価にしておけば、キット全体として価格が安くなりますので、ユーザとしては手が出しやすくなります。ですが、最近は画質について比較するサイトなども多く、性能の悪いレンズをキットレンズとすると、他社と比較されてしまって、カメラそのものの画質が悪いかのように思われてしまう可能性もありますよね。

だから、できるだけ高品質で、安いレンズをキットレンズとすることが望まれると思いますが、でも高品質のキットレンズを開発してしまうと、画質が良すぎて、より高品質、高価格のレンズを購入してもらえなくなるかもしれないというジレンマを抱えることになってしまいます。

Nikon Z 5は廉価なフルサイズミラーレスなので、レンズ価格も安いものをキットレンズにして、キット全体の価格を下げて、コスパをよく見せるというのは重要かな?と思いますね。そして一眼カメラでは、どうしてもレンズの出っ張りが気になりますので、全長が短く持ち歩きのしやすいレンズというのも重要なのかな?と思います。

そして、嬉しいのは画質的には、S-Lineレベルになっているということで、ちょっと暗いのがきになりますが、フルサイズセンサーなのでボケも低ノイズにも期待できますので、スナップ用途なら、このぐらいのレンズでも十分なのかな?とも思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog