Nikon Z 5の開発秘話 特にISO感度に力を入れた

・はじめてフルサイズを購入する人、クリエイティブな自己表現をする人向け
・価格と画質で高コスパを追求
・Z 6より下のベーシックモデル
・作り込み、操作性、EVFについては上位機種と同等の物を提供
・こだわりは画質とISO感度で頑張った
・特にISO感度の高さと暗所の性能で頑張った
・マルチセレクターも廉価機ながら採用した
・本体が厚くなるのでチルト式に決定
・初めてフルサイズ機を購入する人のことを考えてSDカードメモリを選択
・裏面照射と表面照射では暗所でのAF性能に関係がある。そこは、ローライトAFモードでカバーして欲しい
・価格を含めて表面照射のセンサーを採用

(記事を一部要約して引用しています)
(記事元)https://www.youtube.com/watch?v=t3UyxfLbDLE

Nikon Z 5の開発秘話

Gizmomo freaksがNikon Z 5についてニコンの開発者とのインタビュー記事を掲載しています。動画はとても面白いので、ぜひ全部ご覧いただくことをお勧めします。記事元リンクからご覧ください。

動画ではNikon Z 5の仕様を決定するにあたり、どのようなことを考えたのかといったことが述べられています。それをまとめて引用したものが上記で記述したような内容になりますね。

まず、Z 5はZ 6よりも下に位置するクラスのカメラとなり、初めてフルサイズミラーレスを購入するような人を対象にしているとしています。ですが、操作性や作り込み、EVFに関してはZ 6などと同じものを提供していて、作り込みの品質などは高いレベルのものを維持しているとしています。マルチセレクターがあるのも嬉しいですね。

そして、本体を薄くしたいのでバリアングルではなくチルト式にし、CFExpressは受け入れられないかもしれないということで初心者向けにSDメモリを採用したとしています。

最も気になるのは裏面照射型ではないこと?

動画の中で歯切れが悪かったのが裏面照射型センサーを採用していないというところですね。たぶんざっくり言うと、裏面照射型センサーは高価なので、他のメーカの廉価な表面照射のセンサーを採用したということなのでしょうね。センサーの供給元は、以前から噂されていたタワーセミコンダクター製でしょうか?

裏面照射型ではないセンサーを採用していることで、超高感度については少しの差があるようです。ですが、ISO6400ぐらいまではほとんど区別がつかないとしていますね。そして、超高感度においても暗所の部分で差がでる程度のようです。通常の人であれば、ISO6400以上で使うことはあまりないと思いますので、そのあたりはあまり気にしなくてもいいのかな?という感じですね。

ただ高ISOの暗所はフォーカスが迷うことが増えてくるようですので、その場合はローライトAFモードでカバーして欲しいとしています。低照度下での撮影が主な人には少し問題がでてくるのかもしれません。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog