Nikon Z 6IIレビュー 新幹線撮影は期待以上 動体追尾性能は大幅改善?

 Zシリーズ登場から2年の時を経て、先代機よりもブラッシュアップされたZ 6II。スペックシートを見る限りでは、先代機との差はそれほど大きくない印象を受けますが、実際に触るとその性能差は十分。先代機よりも着実に進化していることがわかります。
特に驚いたのが、小田原駅での新幹線の撮影時。先述したように、暗い時間に高速で動く被写体を狙うという、なかなかハードな条件だったのですが、Z 6IIは期待以上の性能を見せてくれました。
同じ小田原駅で、発表された直後のZ 7での撮影を試した際には、ピントを外す割合が多く、「こんなものか……」という印象を受けていました。しかしながら、今回のZ 6IIは、先代機の発売後にも続いていたAFアルゴリズムの改良に加え、画像処理センサーの処理性能向上もあってか、大幅にAF性能がアップ。個人的には、ニコンのデジタル一眼レフ製品と同等ではないかという印象を持ちました。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/fc0ee7e7546a39e2742de2edf199dfca830bf106

Z 6IIは確実に進化している?

鉄道コムがNikon Z 6IIのレビュー記事を掲載しています。

記事によれば、文字で記述されているスペック的には大した差はないように思えるが、実際に仕様してみると着実に進化しているということがわかるとしています。

その最も大きな違いは新幹線の撮影時で、低照度で高速で動く被写体を撮影するという厳しい条件でも、Nikon Z 6IIは期待以上の性能を見せたとしていますね。同じ条件でZ 7で撮影したときにはピントが合わないことが多かったようですが、Z 6IIでは大幅にAF性能が向上したとしています。

そして、AF性能はニコンの一眼レフと同等という印象までもったようで、かなりAF性能が向上しているらしいことがわかりますね。

デュアルプロセッサ化が奏功?

Nikon Z 6IIではEXPEED 6をデュアルで動作させるデュアルプロセッサを採用しています。これによって高速連続撮影も可能になっているわけですが、これがAF性能にも寄与している可能性があります。実際に瞳AFや動物AFがワイドエリアAFにも対応するようになり、被写体を追従することが容易になったとしています。

以前の噂でもデュアルプロセッサにすることでAF性能がかなり向上しているという噂がありましたが、それを裏付けるような形になっていますね。

一部の人はNikon Z 6は被写体の追従性能が弱いという報告をする人がいましたが、このあたりも地味に改善されているのかな?とこのレビューをみていて思います。

一つのレビューだけでは確実なところはわからないので、さらに多くのレビューに期待したいところですね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog