Nikon Z 70-200mm f/2.8 Sレビュー これほど写る同クラスのレンズはない

ニコン Z 6に装着していろいろと撮影してみましたが、ヌケ感と緻密な描写には本当に驚かされました。ズーム全域で解像感が高く、しかも豊かで美しいボケ味を見せてくれたからです。

要の手ブレ補正機構は、ファインダー内で像が吸着したかのように感じさせるほどで、光量の少ないシーンはもちろん、スポーツなどの動体撮影でも威力を発揮してくれることでしょう。「SPORT」モードでの像の安定感は、正確なフレーミングと被写体の追従を容易にしてくれます。もちろんオートフォーカスも正確かつ高速で、面白いようにビシビシとフォーカスが決まり、シャッターを切るのを楽しくしてくれます。

ワイド端からテレ端まで驚異的な描写を見せてくれるNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S。これほどの写りをしてくれる同クラスのレンズを、私は他に知りません。これは、やはり大口径、ショートフランジバックを誇るニコンZマウントの恩恵なのだと思い知らされました。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/4fdae9e123c3e0e8b60b5125ac3ef1a79adfb8f9

Z 70-200mm f/2.8 VR Sレビュー

マイナビニュースがZ 70-200mm f/2.8 VR Sのレビュー記事を掲載しています。詳細なレビューがありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、Z 70-200mm f/2.8 VR SはZシリーズのポテンシャルを引き出す素晴らしいレンズだとしています。ヌケと解像感が高く、特に解像感はズーム全域で素晴らしいそうです。さらにボケ味も豊かだとしていますね。AF性能も高く正確かつ高速で、フォーカスが決まるそうです。

ニコンもレンズがかなり揃ってきています。

・NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
・NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
・NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

このように大三元は完成しました。

・NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
・NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

小三元はあとは望遠ズームを残すのみです。

・NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
・NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

廉価なパンケーキ型の標準ズームや高倍率ズームも設定されています。

・NIKKOR Z 20mm f/1.8 S
・NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
・NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
・NIKKOR Z 50mm f/1.2 S
・NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
・NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct
・NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

単焦点もSラインを中心にそろいつつあります。

あとは廉価な望遠ズーム、廉価な中倍率のズーム、廉価な高倍率ズーム、標準マクロ、中望遠マクロ、廉価な広角ズーム、単焦点望遠ズーム単焦点望遠レンズが欲しいところかな?と思いますね。書いてみると、結構まだまだラインナップ的には厳しいという印象です。

最近はレンズの噂があまり聞かなくなっていますが、次にどのようなレンズが投入されるのか期待ですし、ニコンにはより多くのレンズの投入を期待したいところですよね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog