ソニー α7Cレビュー サイズは小さいが機能を犠牲にしていない

■ 好きなところ

・素晴らしい画像品質
・印象的で使いやすいAFシステム
・クラスをリードするバッテリー寿命
・ほとんどのカメラマンへの手堅いビデオ性能
・全体として小さくなる沈胴式のキットズームレンズ
・便利なUSB充電
・コンパクトサイズながらも搭載された5軸ボディ内手振れ補正
・コンパクトなサイズながらも犠牲になっていない製品品質

■ 嫌いなところ

・親指の3つのコントロールダイヤルすべて
・事実上アイカップのないとても小さなEVF
・カメラがメモリカードに記録している最中に利用できないメニュー
・メニューは複雑で、ソニーの新しいカメラより使いにくい
・キットレンズの焦点距離とf値は意欲的ではない
・ほとんどの設定は静止画撮影とビデオ撮影で固定的なので、切り替えるときに複数の設定を切り替える必要がある
・完全なメカシャッターがないので、動く被写体にローリングシャッター歪み(電子シャッター時)、大口径レンズでのとてもシヤッター速度を速くしたときのボケのリスクがある。
・RAWファイルはても大きいか、破壊的な圧縮が適用される
・多くのソニーの優れたレンズは、小さな本体の利点を損なう
・一部のライバル機種はより要求の厳しいプロジェクトに対して、より柔軟な10bit動画を提供している。

■ 結論

ソニーのα7Cは、その小さなボディサイズを実現するために、機能をほとんど犠牲にしていない。この画像品質はとてもよく、そしてオートフォーカスは素晴らしい。しかし、その小さなEVFは使用感を損なっている。そのビデオと、メニューはライバルほど洗練されていないが、そのサイズとバッテリー寿命はとても強力なタッグを組んでいる。

(記事を一部引用して意訳しています)

α7Cレビュー

DPReviewがソニーのα7Cについてのレビューを掲載しています。

α7Cは小さいサイズながらも機能的にはα7シリーズと大してかわることがないようですね。ジョイスティックがなかったり、EVFが光軸上になく、本体の裏側からみて左上になってしまったことは、多少の不満があるようです。またEVFのアイカップがないというか小さいところにも不満を感じているようです。

ですが、コンパクトなカメラを実現するためには操作系の違い、EVFの位置の違いなどはある程度は仕方がないのかな?とも思いますね。ただ、そこまで変化があってα7Cが売れるのかどうかは、実際に販売してみなければわからないですし、案外、プロフェッショナルやハイアマチュアユーザには受け入れられないかもしれませんが、そのようなカメラのほうが小さくて良いというカジュアルなユーザもいると思いますし、挑戦してみる価値はあるのかな?と思える製品です。

気になる売り出し価格は?

以前の噂では、α7Cはα7 IIIより価格が高くなる可能性があると言われていました。確かにある一定以上までは小型化すると製造価格が安くなるということはありますが、必要以上に小型化すると特殊な技術であったり、狭い場所に様々な部品を設置する細かな作業が必要になり、かえって価格が高くなる場合があるものです。

そのためα7Cについても、α7シリーズより小さくするとなると、様々な障害があり、価格が高くなるという憶測もありましたが、実際には以下のような価格になっています。

・α7Cボディ 20万6910円
・α7 IIIボディ 22万3295円

(価格.comの調査による)

これをみるとボディの価格なのでレンズキットの比較ではありませんが、小型化しながらも順当に価格が安くなっているなという印象がありますね。ソニーからみると、キヤノンにはEOS RPがあり、ニコンZ 5という廉価なフルサイズミラーレスが発売する噂があったなかで、どのような価格設定にするかかなり迷ったのではないのかな?と思います。

フルサイズなのにAPS-Cなみに小さいということを武器に、多少高い価格設定にするか、Z 5などと対抗するために割安な価格にするという戦略が考えるなかで、小ささと価格のバランスとしてRPやZ 5よりは高い価格ですが、α7 IIIより安いという結構絶妙な価格設定をしたのかなという印象です。

いま現在はフルサイズミラーレスといえばソニーという印象ですし、今の若い人はテレビ、ブルーレイレコーダー、プレイステーション、コンデジのサイバーショットなどでソニーというブランドに高い信頼を持っていると思いますので、カメラも自動的にソニー製品を購入する人も多いと思います。ブランドは結構強いですよね。

(記事元)https://www.dpreview.com/reviews/sony-a7c-review

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog