ニコン Z 6IIのAFはソニー キヤノンばかりかニコンの一眼レフより劣る??

最初に登場したとき我々はオリジナルのNikon Z 6の大ファンだった、そしてニコンは特に価格という点において、とてもよいオールラウンドなカメラとしてZ 6IIも作り、十分なアップグレードを追加するといういい仕事を成し遂げた。

2000ユーロ以下(ボディ単体)で、とても美しい画像を生成できる能力のあるフルサイズミラーレスカメラを手に入れ、それは低照度でも十分に機能し、使い勝手もよいものだった。メモリカードスロットが追加されたことは、以前に指摘されたZシリーズがハイアマチュアやプロフェッショナルには向いていないのではないかと指摘していた人々を不安の多くを和らげることができた。

とはいっても、AFが改善されたとはいいながら少し残念な点があり、それはいまでも速い動作をしたり速く移動する被写体に理想的なカメラではないということだ。それは、このような種類の撮影をするときにみかけるニコン自身の一眼レフの本当のライバルは、ニコンのミラーレスにはまだ無いということを意味している。また、ソニーや、特にソニーのライバルとなり、もう一眼レフは不要だと証明したEOS R6があるキヤノンの本当のライバルとなるようなカメラもない。

(記事を一部引用して意訳しています)

Nikon Z 6IIレビュー

PhoroGraphyBlogがNikon Z 6IIのレビューを掲載しています。

記事はかなり辛辣な内容になっています。記事によればNikon Z 6は登場時には素晴らしいカメラで、そしてそこから順調にマイナーチェンジしNikon Z 6IIも素晴らしいカメラだとしていますが、残念ながら速く移動する被写体については苦手であることが弱点であると指摘されていますね。

そして、ニコンの一眼レフのライバルとなるミラーレスがニコンにはないという表現がなされています。ということは、速く動く被写体などについては、まだまだ一眼レフのほうが向いていると述べているように受け取れます。

さらに価格差はあるので単純に比較はできないけど、キヤノンはEOS R6で一眼レフが不要になったことを証明したと記述されています。つまりEOS R6の被写体追尾、被写体認識能力はキヤノンの一眼レフを超えたか、または同等になっているということを述べているのだと思われますね。

そうなると価格の差はあるけれども、ニコンは他社のミラーレスに被写体追尾能力は劣っているばかりか、ニコンの一眼レフにも劣るという評価を得たということになり、このあたりはかなり厳しい評価になってしまっているということが言えるのかな?という印象です。

負のサイクルを繰り返している?

あくまで個人的な感想ですが、ニコンはカメラなどのイメージング事業と半導体露光装置などの精機事業の2本立てというような状況だったと思います。ですが、半導体露光装置は外国メーカに追い越されいまはじり貧の状態になりつつあります。半導体露光装置については、新技術に投資したも見合う利益が得られないとして海外勢に対抗する新技術の研究開発をやめてしまったと記憶しています。

カメラ事業についても、資本を投下してもっと研究開発を促進させたいと思っているとは思うのですが、同様に、カメラ事業の縮小て赤字になってしまったこともあり、なかなか研究開発費を投資できないという商況になっている可能性も考えられそうですよね。

そうすると次に発売される製品は凡庸な製品になり、さらに他社の技術から遅れることになり、そして製品が売れなくなり、さらに研究開発費が抑制されるという負のサイクルに陥ってしまう可能性も考えられそうなので本当に心配です。

ある意味でギャンブル的になるかもしれませんが、ここはアイデアでなんとか巻き返して欲しいと思いますね。機能的なことでなくとも、デザインとか、別な方向でアイデアを検討してみるのもいいのかもしれません。

(記事元)https://www.photographyblog.com/reviews/nikon_z6_ii_review/conclusion

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog