Nikon Z 7IIレビュー 大きな飛躍はないのはZ 7の性能が良すぎたから??

ニコンが抱えている問題は、オリジナルのNikon Z 7が非常に素晴らしかったことで、Nikon Z 7IIも同様に優れた製品だが、初代の製品からの大きな飛躍はなかったということだ。

しかしながら、真実なのは、プロフェッショナルカメラマンやハイアマチュアカメラマンが、より多くの種類の純正レンズやアクセサリが存在していて利用可能であり、以前よりもはるかに充実したシステムを購入できるということだ。

いまだ素晴らしいカメラであるにも関わらず、特に他のカメラが実際にできていることを考慮すると、AFの能力において、もう少し飛躍した性能を本当に見たかった。

もしあなたが静物を撮影する人だったら、このことは大きな争点になることはないが、しかしニコンは、キヤノンやソニーにあるような、スポーツやアクション用のミラーレスモデルを本当に未だ得ていないと感じている。

全体的に、Nikon Z 7IIは、その前機種のように、とても素晴らしいカメラだ。プロの撮影者からハイアマチュアの撮影者まで、幅広い写真家にアピールするだろう素晴らしい機能と仕様を備えている。二つ目のメモリカードスロットが追加されたことは、本当に結婚式や絶対に写真を喪失することができない、特別なイベントでカメラを使用する人すべての人において、本当にお年玉となることだろう。

(記事を一部引用して意訳しています)

Nikon Z 7IIレビュー

PhotographyBlogがNikon Z 7IIのレビューを掲載しています。レビューは詳細ですので、すべてのレビューについては記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、Nikon Z 7から特に大きな変更はないが、細かな点で改善があるとしていて、そのうちはっきりしている変更点はデュアルカードスロットに対応したこと、AFの性能が改善されたことのようですね。ですが、ソニーやキヤノンのカメラでできていることをみると、ニコンのAFの進化には物足りなさも感じている様子がレビューからうかがえます。

そしてポートレートなど動かない被写体を撮影しようとするときには問題は特にないようですが、スポーツなどの撮影では、まだニコンはその撮影に向いているカメラを発売していないのでは?としていますね。

例えば、キヤノンのEOS R5やEOS R6は十分にスポーツ撮影などにも向いていると言われていて、AF性能もかなり向上しているようですので、そこに追いつくことは最低条件として必要なのかな?という感じがします。

2年に一度のマイナーチェンジでいいのか?

ニコン、キヤノン、ソニーとも、だいたい似たようなモデルチェンジのサイクルを繰り返しているわけですが、最近は技術の発展もすごくなってきていて、特に動画機能やAF性能の向上が重要になっています。

今、ニコンは4年に一度のフルモデルチェンジ、フルモデルチェンジから2年後のマイナーチェンジという発売スタイルを繰り替えているわけですが、今後もそのスタイルを継続していて問題はないのでしょうか?

いまは4年に一度のモデルチェンジで、その2年後のマイナーチェンジというやり方では遅すぎると感じていて、ただでさえ出遅れている状況では、それこそ1年ごとにマイナーチェンジを繰り返して、先を走るソニー製品やキヤノン製品においつく必要があると思っています。

ニコン的に朗報なのは、レンズがようやく選んでもらえるぐらいまでレンズのラインナップが拡充してきたことかもしれません。それでも、プロフェッショナルな人には、それ専用に多くのレンズが必要ですし、またアマチュア向けに廉価だったり、便利なレンズも揃えなければならず、このあたりも非常に厳しい状況が続いていると考えることができそうです。

(記事元)https://www.photographyblog.com/reviews/nikon_z7_ii_review

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

面白い記事だなと思ったら、以下のfacebook、twitterのボタンからシェアいただけると嬉しいです。