Nikon Z 50レビュー Z 50はデザインに宿る思想側のカメラ

そこで私は、この先を見据えるのは「思想」ではないかと考えている。思想をつらぬいたプロダクトは、ちょっとやそっとではコモディティ化しない。

最近でわかりやすいのは「絞りのないレンズ」「テレコン内蔵の軽量超望遠ズーム」「現代レベルの大口径MFレンズ」である。おわかりのように「普通ではないスペック」、つまり新規開拓のプロダクトだ。

売れた前例があり、枯れた技術を使い、安定生産が見込め、少しでも前回を上回るスペックがある類似品であれば売りやすいだろう。だが、誰にでもウケそうで売れそうなものは結局だれにも刺さらないものだ。逆にトガッた製品は必ず誰かにブッ刺さる。日本のカメラ人口はとても多いので思ったよりたくさんの人にブッ刺さる。

以上の例は「スペックに宿る思想」の話で、Z 50は「デザインに宿る思想」の側である。触ってみれば思想が分かり、使ってみれば確信するだろう。このカメラはスペックで写真を撮るのではなく、触って使って撮るカメラなのだから。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/buy/1297291.html

Nikon Z 50レビュー

デジカメWatchにNikon Z 50のレビュー記事が掲載されています。引用させていただいた部分だけでは語れない部分もありますので、ぜひ記事元リンクから全文をご覧ください。

記事は、デジカメWatchに寄稿する写真家やライターが、今年購入したカメラに関する記事となっています。この記事ではNikon Z 50を購入した人によるレビューとなるようですね。

レビュー内容はちょっと哲学的です。なかなか解釈するのが難しい文章なので、どう判断するかによって意見が異なる可能性もありそうです。

まずカメラそのものについては、標準ズームを装着した状態でとても小型であり、グリップについてもレンズを取り付けたときの状態を考えてよく作られているというような印象だったようです。そしてファインダーもZ 6と同等のものがエントリー機に入っているので驚いているということのようです。

Z 50はデザインに宿る思想のカメラ?

これは記事を読んだ自分の解釈ですが、カメラにはスペックとして数値でわかるような「スペックに宿る思想」という側面と、スペックではわからないようなグリップ形状、ボタンの位置、シャッターの触感など数値化できないような「デザインに宿る思想」があるとしています。

記事では、スペック的にわかり安い思想としては、テレコン内蔵の軽量超望遠ズームとか、大口径MFレンズとか、通常ではこれまでなかったスペックの製品ということのようです。

それに引き換え、Nikon Z 50き「デザインに宿る思想」の側にあるカメラだとしています。つまりスペックでは判断できる良さが思想としてあり、その思想は利用してみればわかるということなのでしょうか?そして、思想があれば簡単にコモディティ化(市場価値の低下、陳腐化、差別化の価値の低下)しないということで、その方向性を貫いたほうがいいという意見であるようです。

記事内容が哲学的でもありちょっと何回なので、自分のこの解釈が正しいのかわかりませんが、スペックでいいものを出さないとわかりにくいという反面、使ってみてわかるということも大事だとは思うので、そのあたりの判断は難しいところかもしれません。

ただ、使って貰えればわかるというのであれば、少なくとも使ってもらえる場所が必要です。先日、家電量販店にいったら、ニコンの廉価な一眼レフ、D780、そしてZ 6IIとZ 7IIの展示機はありました。ですが、Z 5とZ 50は残念ながら展示されていませんでした。展示スペースもキヤノンやソニーの半分という感じになっているようです。

このような状況では、一般のユーザに触ってもらうこともできないですので、触ってもらえればわかる、使ってもらえればわかると、もしニコンが考えているのなら、売り場面積の確保や実際に触ってもらえる環境の整備は非常に重要だと思うので改善して欲しいと思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog