【Nikon Z6レビュー】暗所のRAWはクラスをリードしている

 かなりいい性能のようです。

DpreviewもまたNikon Z6の画質とダイナミックレンジのテスト結果を発表した。
 
Z6と50mm Sレンズは印象的で、画像の隅々まで一貫したパフォーマンスを得られる。ソニーa7 IIIよりアンチエイリアシングが若干強めに現れるが、このことはディテールが若干犠牲になるが、偽色が少ないことを意味する。
 
細かい部分では、低ISOまたは高ISOにおいて他の競合機種の最高クラスの機種と同じ性能ではないが、一般的にノイズとディテールのバランスが素晴らしい。暗所でのRAWのパフォーマンスは競合機種で最高クラスの機種と競争力があり、それはすなわち本質的にクラスをリードしていると言える。
 
(記事を意訳しています)

 DpreviewがNikon Z6をテストした記事を発表しています。全体的に肯定的になっている記事のようですね。

 新しいカメラを購入すると早速撮影して、等倍で眺めてニヤニヤする人も多いと思います。私もその一人ですが、しばらくすると気にならなくなってしまってしまいます。ですが、気になる人は気になると思いますので、そのような人にはお勧めの記事になっています。

 詳細な比較写真などについては、詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://nikonrumors.com/2018/11/07/dpreview-tested-the-nikon-z6-image-quality-and-dynamic-range-the-results-of-the-z6-and-50mm-s-lens-are-impressive.aspx/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。