【Z6レビュー】Nikon Z6 は優れた画質と低ノイズで素晴らしい

 画像はかなり良さそうですね。

もしNikon Z7の4500万画素が必要なく、より高速連写と低ノイズ性能が欲しければ、Z6は素晴らしい選択だ。画像品質は低ノイズで素晴らしく、ニコンが試行錯誤した色再現性がある。
 
 バッテリーの持ちが悪いことは残念で、メモリカードスロットが一つしかないことを問題とする人もいるだろう。SDカードは幅広く利用されているので(例えばノートパソコンの内蔵カードスロット)望む人もいるだろうが、XQDカードリーダへの支払いで簡単に解決することができる。
 
 オートフォーカスの性能はとても良く、像面位相差センサーのフォーカスポイントのおかげで合焦率も高いが、瞳AFがないことは、その機能を利用した人にとっては残念だろう。
 
(記事を一部意訳しています)

 ニコンの本命であるNikon Z6が発売されてしばらく経過し、様々なレビューが公開されるようになっていますね。

 違いはセンサーの画素数が違うだけということで、それに関連する性能だけが異なるというようなことになっています。具体的には画素数が少ないということで、転送するデータ量が少なくて済みますのでバッファ、最大撮影コマ数、連写コマ数などが向上しています。さらに1画素あたりの面積が大きくなりますので、より多くの光を集めることができノイズも少なくなります。

 カメラの操作性や品質についてはZ7譲りということで、かなりのお墨付きがあるような感じになっていますね。まったく同じですから、Z6の操作性や品質をZ7が受け継いでいるという表現の仕方だとZ7は安価なZ6の品質を受け継いでいるというようなイメージでマイナスに感じますが、高価格機種のZ7の品質をZ6が受け継いでいるという捉え方だとZ6は高級機種のZ7の品質と同じレベルになっているというように受け取ることができますので、プラスのイメージとして捉えることができますね。

 Z6に関しては後者で、高級機種のZ7の操作性を引き継いでいる素晴らしい機種というように判断されているようです。

 フルサイズミラーレスとしてはZ7よりZ6のほうが本命と言われていたわけですが、どの程度売れているのか興味のあるところですね。またランキングなど詳細がわかりましたら調べてみたいと思います。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.canonwatch.com/nikon-z6-review-excellent-image-quality-great-ff-milc-ephotozine/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。