キヤノン 次のフルミラーレスは7000万画素の超解像度機発売か?

キヤノン 次のフルミラーレスは7000万画素の超解像度機発売か?

キヤノンの次の機種は超高解像度機種になる可能性があるようです。

 EOS Rのラインナップの3台目となるカメラは、恐らく2019年の第四四半期に発表される可能性があり、すべてはそのカメラが高解像度カメラになる兆候を示しているようだ。

我々はEOS Rが7000万画素以上になるだろうこと、そしてキヤノンがフルサイズセンサーの高解像度ランキングで1位をキープし続けるだろうと聞かされ続けている。その人物は、そのカメラにボディ内手ぶれ補正が、以前に報告されたように確実に搭載されることを示唆していた。

我々は以前に次のEOS Rにはデュアルカードスロットが搭載され、ジョイスティックのような機能と一緒にキヤノン一眼レフのデザインが実装されるたろうと記述していた。

(記事を意訳しています)

キヤノンは次のEOS Rシリーズの新機種として、7000万画素以上もの超高解像度機を発売する可能性があるようです。

記事によれば、次のEOS Rは2019年の秋以降に発売され、それは7000万画素以上のセンサーを搭載し、さらにボディ内手ぶれ補正、デュアルカードスロット、一眼レフのような操作体系が実装されたカメラとなるようですね。

キヤノンが初めてEOS Rを発売したとき、課題がいくつかあると言われてきました。それは何でしょうか?

<<下に記事が続きます>>


それは、デュアルカードスロットでないこと、ボディ内手ぶれ補正がないこと、そしてレンズの性能と比較してカメラの解像度が少ないこと、そして価格が高いことを挙げている人が多かったようですね。なのでキヤノンとしては、そのあたりを解消する必要があったと考えられます。

その一つが廉価版のEOS RPの発売で、そして今回の高解像度版EOS Rの発売ということなのだろうと思われます。これによってNikon Z7を凌駕する解像度を得られますので十分に対抗馬になることがかんがえらそうですね。そしてキヤノンのことですからZ7に近い価格で発売してくるだろうと思います。

どのようなカメラになるのか楽しみになってきましたね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://www.canonrumors.com/the-next-eos-r-system-camera-gets-a-mention-again-cr1/

新製品の噂カテゴリの最新記事