ニコン APS-Cミラーレスの発売を検討? アグレッシブなロードマップと噂

ニコン APS-Cミラーレスの発売を検討? アグレッシブなロードマップと噂

 

 ニコンがAPS-Cミラーレスの発売を検討しているのでしょうか?

先日投稿したNikon Z1の写真はプロトタイプとして開発されたものだろうが、実際に写真にはカメラ前面にZ1のモデルナンバーがあることから、それはいつか実際にリリースされる可能性があることを示唆している。
 
そしてこれが、私が受け取った新しい噂だ。
ニコンが新しいエントリークラスのAPS-Cカメラを発表するだろうと聞いた。この情報は、2つの別々の情報筋から数週間の間隔をおいて受けた。その他の詳細はわからないが、伝えられているところでは、ニコンはすでにとてもアグレッシブなAPS-Cミラーレスカメラのロードマップを計画しているという。2019年中の公式発表が予想される。新しいAPS-CミラーレスカメラがZ1と呼ばれることはないだろう。
 
個人的な見解:現在のカメラ業界の状況から、どのようにニコンがAPS-Cミラーレスのカメラとレンズのフルラインナップを開発し、フルサイズミラーレス製品と継続するFマウントに追いつけるのかわからない。このことには納得がいかない。ニコンは過去数年間にDXフォーマットのFマウントレンズを発表していないし、ニコンが彼らの戦略を転換するとは信じられない。
 
(記事を意訳しています)

 先日、フルサイズミラーレスの廉価機種の噂がありました。そこでは画像も流出し確認されています。今度はAPS-Cミラーレスに関する噂も入ってきているようです。

 その噂によると詳細はよくわかりませんが、とにかく2019年度に発表されること。すでにとても積極的なロードマップが検討されていることなどがあるようですね。

 ですが、それはちょっと信じられないという意見もあるようです。どうしてでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 記事中にもありますが、まずニコンはフルサイズミラーレスのラインナップ拡充や、新機種の投入が必要な時期で、とてもAPS-Cミラーレスに注力するリソースがないのではないか?と考えることができますね。そして、ミラーレスに加え今年中に恐らく発表があるだろうNikon D6などの開発、製造も抱えることになりますので、それらを維持しながらAPS-Cミラーレスを開発していくのは非常に大変なことなのではないかな?と思います。

 記事ではひょっとしたらAPS-C一眼レフのレンズ開発は中止してしまって、APS-Cミラーレスに注力していく可能性を示唆するかのような内容もありますが、それは考えにくいとしていますね。

 もしこれが事実だとすると、APS-C一眼レフはほとんどディスコンに近い状況になるのかな?と思います。まず新レンズの開発は凍結。D5600でAPS-C一眼レフとしてほぼ完成されたカメラと思うので抜本的な開発はせず、少し機能をアップグレードするだけにして一眼レフのラインナップを最低限維持する。新しいAPS-CミラーレスはNikon 1の技術や仕様をできるだけ流用して簡易に開発するようにする。こんなことぐらいを検討しないと難しいのかな?と想像してしまいますね。

 ですが、ひょっとしたらニコンのAPS-Cミラーレスが発表されたら、フルサイズミラーレスを購入するのに金銭的な理由でためらってしまう人でも、より安価なミラーレスをニコンから購入できることになりますので、それはそれでうれしいことですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://nikonrumors.com/2019/03/13/new-rumors-nikon-aps-c-dx-mirrorless-camera-possible.aspx/

新製品の噂カテゴリの最新記事