ニコン D6後継機種となるハイエンドミラーレスの情報流出?

ニコン D6後継機種となるハイエンドミラーレスの情報流出?

 ニコンの新しいハイエンドミラーレスに関する情報が流出したかもしれません。

Nikonの新しいZNG(Z Series Next Gen)カメラは次のことを行います。
•Zシリーズを前方シフトして、D6相当の交換用カメラを作成します。
•パフォーマンスを向上させるために、約60 Mp(メガピクセル)の高解像度BSI CMOSセンサーを使用してください。
現在のクラスリーダー、50.2MpのCanon EOS 5DSR、および2台の主要Nikonカメラ、Z7と
どちらも43Mpを超えるD850。
•合計2つの独立したXQDおよび/またはCspeedカードスロットがあります。
•Z6およびZ7よりも大きなフォームファクタを持ち、一体型の垂直型バッテリグリップを組み込んでいます。外観は、オリンパスの新型OM-D E-M1Xミラーレスとあまり変わらず、ニコンZマウントではなく
オリンパスのマイクロ4/3
•ZNGの内蔵バッテリーグリップには2つのバリエーションがあります。
•1つ – 通常どおり、通常のボディコントロールを補完する垂直方向コントロールを使用します。
•またはタイプ2 – デュアルを含むコンパクトだが完全に形成されたプロスペックオーディオコントロールのセットも含む
+ 48Vファンタム電源、カメラ内蔵マイク用のステレオ入力チャンネル、外部オーディオなどの外部ラインレベルオーディオソース用のステレオラインレベルまたはUSB入力を備えたXLRソケット
ミキシングデスクまたはCDプレーヤー。
•これはDSLR用Tascam DR-70D 4チャンネルレコーダーの機能セットでもモデル化できます。
そして(A)外部オーディオハードウェアの必要性を減らし、(B)オーディオが
ノンプロシュートではよくあることですが、ビデオとの「悪い関係」。
•ZNGには、Adobe LightroomまたはLuminar / Aurora HDRソフトウェアのバンドルコピー、または
リバースエンジニアリングされたNikonの同等品。
•これは、可変焦点深度機能と同等の機能も備えています(カメラ内のソフトウェア)。
Appleの新しいiPhone XS / XS Maxで
•外付けのハイレゾモニターで使用できるようにHDMI出力も提供し、
SSD大容量ストレージとMacBook Proビデオとのインターフェースと同様に、追加のソフトウェア機能
現場での編集
•完全なパッケージは、Sラインレンズへ​​の新しくそして今後の追加で、それを提供するでしょう。
どちらの分野でも妥協することなく、写真撮影とビデオ撮影の両方に対応した完全な「移動」システムです。
 
(記事を一部機械翻訳をしています)

 エイプリルフールなので、この記事もそうかもしれないのですが、見た感じではそうは思えないので記事にしておきます。

 内容はいろいろ難しい内容も含まれているため、機械翻訳したものをそのまま掲載しておきます。 わかりやすくまとめるとこんな感じのカメラになるようです。

<<下に記事が続きます>>


・D6に置き換わるような機能のあるカメラである
・6000万画素の裏面照射型センサーを搭載しており、クラス最高性能の画素数になる
・デュアルカードスロットである
・縦型グリップを内蔵している
・縦型グリップには2種類あり、一つは音声を入力できる様々な機能がある
・被写界深度を調整できる
・HDMI出力で外部高解像度モニターを利用できる

 こうみると動画撮影にもかなり特化した内容にもみえますね。

 ちょっとこれだけをみるとどのようなカメラなのか想像がつかないのですが、Nikon D6の後継機種でありながら、動画撮影にも向いている新しいミラーレスカメラということになるのでしょうか?大変興味のあるところですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。



(記事元)https://nikonrumors.com/2019/04/01/nikon-zng-camera-press-release-leaked-online.aspx/

新製品の噂カテゴリの最新記事