キヤノン 新フルミラーレスは高解像機で、すでにテスト開始か?

 キヤノンの新しいEOS Rがすでにテスト段階に入っているようです。

 
 次のEOS Rが選ばれた写真家の小さなグループによって、すでにフィールドテストが実施されていると聞いている。
 
 次のEOS Rは高解像度センサーを搭載しているだろう。私たちはキヤノンが高解像度EOS Rを2019年の秋に発表されると来たいしている。解像度に関する確かな情報はないが、5000万から7000万画素の間になると考えられる。
 
 2020年はオリンピックイヤーであり、我々の情報筋は、キヤノンは来たるべき高解像度EOS Rモデルでアッと言わせようとしていることを示唆している。しかし、プロ写真家が仕事にミラーレスカメラを活用するとは信じられず、このことにはやや戸惑いを感じている。一方で、もしオリンピックでクールで素晴らしい新しい技術を紹介できるのであれば、プロ用の高解像度ミラーレスカメラを披露するには良いステージたなるだろう。それはキヤノンが次のフルサイズミラーレスにどのような機能を搭載できるのかによるのだろう。
  
(記事を一部意訳しています)

 次の新しいEOS Rは高解像度機になる予定で、さらにフィールドテストを開始しているとの噂です。さすがキヤノンで、矢継ぎ早にの新製品を投入してくる印象ですね。

 ですが、2018年秋に発表されたEOS Rは、Nikon Zシリーズに対抗するために急ごしらえした製品と考える人も多く、カメラとしての性能はZシリーズのほうが上だと考えている人も多いようです。また市場の記事では、キヤノンはボディ内手ぶれ補正に関する技術を確立していないため、EOS Rでは搭載できなかったと考えている人もいるようですね。

<<下に記事が続きます>>


 とはいえ、抜群の知名度と、これまでのシェア、そして安いフルサイズミラーレスのEOS RPも発売して対抗するなど、開発力と資本力を生かしてこれでもかとせめてきている印象です。

 マーケティングがうまいキヤノンのことですので、ニコンとしては心配な新製品となりそうですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.canonwatch.com/canon-eos-r-high-resolution-camera-undergoing-field-testing-cw3/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。