ニコン APS-Cミラーレス Nikon Z5 を今年発売?デュアルスロットZ9の噂も

ニコン APS-Cミラーレス Nikon Z5 を今年発売?デュアルスロットZ9の噂も

 ニコンがAPS-Cミラーレスを発表する可能性があるようです。

 
 大ニュースがある。これがいくつかの未確認な噂だ(いつもは複数の情報筋から確認済みの情報だけを投稿している)。
 
・ローエンド一眼レフのD5700、またはそれに近い製品はまだ可能性がある
・プロフェッショナル向けデュアルカードスロット搭載のハイエンドZシリーズ(Z9?)。早ければ今年の夏にも開発発表が行われるだろう。
・2019年にNikon Z5:3000~3200万画素のAPS-Cセンサーで、Z6ボディに近い。デュアルカードスロット搭載(XQDとmicroSD)
・2020年にNikon Z3:エントリークラスのDXフォーマットカメラ。改良されたLCD液晶、2400万画素または2600万画素センサー。一つのmicro SDカードスロットだけで、たぶんEVFは非搭載。
・少なくとも2本のDX Zレンズが立ち上げ時に発表される。恐らく標準ズームレンズとと望遠ズーム、または標準ズームと大口径レンズ。さらなるDXレンズは2020年に登場する。
・次のZシリーズのファームウェアアップデートは初夏か秋のいずれかになる。CFExpressとRAWレコーディングに対応する。
・Nikon D6はハイブリッドカメラにはならないだろう。
 
(記事を一部意訳しています)

 ニコンのミラーレスカメラに関する噂が入ってきています。記事によれば、今年の夏にもハイエンドミラーレスのNikon Z9が発表される可能性があるとしています。さらにAPS-CミラーレスのZ5とZ3の開発も進んでいることが示唆されていますね。Z5に関しては今年中に発表される可能性もあるようです。もし本当だとしたらすごいですね。

 Nikon Z5はデュアルカードスロット搭載ということで、プロフェッショナルやハイアマチュア向けのモデルとなるようです。現在のD500に近いものとなるのかもしれません。Z3についてはEVFが非搭載で背面液晶だけのモデルとなるようです。記事を読んで、そういえば、以前にこのような噂があったことを思い出しました。どのようなものでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 それはニコンが既存のFマウントのままミラー機構を無くしたミラーレスを投入するというものです。ミラーがないので光学ファインダーはなくなりますが、今は背面液晶だけのカメラもありますので、Fマウントのレンズ交換式のカメラのままでミラーレスを作ってしまえという噂でした。残念ながら、そのようなカメラは発売されていませんが、発想としてはそれに近いものがあるかもしれません。ただ、もう一つ可能性があって、それはEVFは内蔵されていないけど、後付け方式でEVFを搭載できる可能性もありますね。個人的には取り外し可能なEVFが用意されるのではないかなと思います。

 そしてD6はハイブリッドカメラではないというところですが、これは何を意味しているのかがいまいちよくわかりません。想像してみると以下のようになると思います。

<<下に記事が続きます>>


 まずD6という型番から一眼レフであることは間違いないと思われます。それでハイブリッドではないということは、恐らく像面位相差センサーのイメージセンサーを搭載してミラーレスのように撮影できるようなカメラではないということなのではないかな?と思います。

 もう一つの可能性としては、海外などでは静止画と動画の両方を撮影できるカメラをハイブリッドと呼んでいる場合もありますので、その場合にはD6は静止画メインで、動画撮影機能が充実していないということを示している可能性もありますね。

 いずれにせよAPS-Cミラーレスがでてくるということは確実なようですので楽しみになってきました。ですが、この噂は複数の情報筋から確認された噂ではないようですので、まったくの間違いという可能性もありますので、そのあたりだけは心にとめておきたいですね。詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://nikonrumors.com/2019/05/28/nikon-z3-z5-and-z9-mirrorless-camera-rumors.aspx/



 

新製品の噂カテゴリの最新記事