発売に懐疑的な人もいたNIKKOR 58mm f/0.95 Noctは計画継続中と判明

発売に懐疑的な人もいたNIKKOR 58mm f/0.95 Noctは計画継続中と判明

良いニュース
ニコンが上海でNikon 58mm f/0.95 Zレンズを展示した

悪いニュース
ニコンはこのレンズの出荷開始時期を明言しなかった。そしてこのレンズは写真のニュース界隈からしばらく消えることになるだろう。

(記事を一部意訳しています)

Noctの開発中止も噂されていた

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctのモックが上海で展示されたそうです。これまでNoctは今年の初めにも発表されると見られていましたが、残念ながら、ここまでずるずると何も情報がなく時間だけが経過してしまいました。なので海外の一部では、もう実はNoctは開発が難しくてそのままお蔵入りしてしまう可能性もあるかもしれないな?と言う人もいました。

理由としては狙ったような画質が得られなかったからでは?といったものや、あまりにもレンズが大きく重たくなってしまいレンズを動かすことが難しかったのでは?という噂もありましたね。

ですが、今回、上海で展示されたということで、プロジェクトそのものは継続していたようで安心した人も多いようです。

なぜこれだけ期待を集めているのでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


Noctは伝説的なレンズ

Noctは今でも高値で取引されるほど伝説になっているレンズで、ニコンのレンズの象徴的な存在です。ニコンのFマウントでは限界と思われる明るいレンズに挑戦して、Noctならではの描写性能から人気を集めていました。

詳しくはこちらからご覧ください
第十六夜 AI Noct Nikkor 58mm F1.2

個人的にはなんですが、非常に製造に時間がかかるので、あらかじめ個数を揃えておきたいので販売時間が延びているか、もしくはNikon Z8のような高解像度版のカメラと一緒に発売したいという側面があるのかもしれないなと考えています。

Noctはニコンを象徴するレンズの一つでもありますので、このレンズが本当に発表されるかどうか気になるところですね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.mirrorlessrumors.com/the-nikon-58mm-f-095-z-reappears-at-the-shanghai-show-to-disappear-right-after-it/

新製品の噂カテゴリの最新記事