キヤノン フルミラーレス用15-35mm、24-70mm、70-200mm同時発表?価格の噂が流出

3つのレンズについての価格情報を得た。だが、価格はタイのバーツが利用されていたので、少し我々が考えた米ドルの想定価格に換算してみた。

・RF 15-35mm f/2.8 L IS USM 8万2600バーツ 2499ドル
・RF 24-70mm f/2.8 L IS USM 8万2600バーツ 2499ドル
・RF 70-200mm f/2.8 L IS USM 9万3500バーツ 2799ドル

15-35mmと24-70mmは10月発売が予定されている。70-200mmは12月に発売される予定だ。85mm f/1.2 L USM DSに関しては価格や発表時期は得られていない。

(記事を一部意訳しています)

来週発表予定

キヤノンは来週、EOS 90DとEOS M6 Mark IIの発表とともに、フルサイズミラーレス用のレンズを3本発表するようです。噂によれば、15-35mmと24-70mmに関しては10月の発売で、70-200mmに関しては12月の発売が予定されているようです。

ここまでの噂はありましたが、今回は価格に関しての噂がわかったということですね。

f/2.8通しのレンズなのでさすがの価格

記事にある価格を単純に日本円に換算すると、今は1ドル=105円ほどになりますので、以下のようになります。

・RF 15-35mm f/2.8 L IS USM 8万2600バーツ 2499ドル → 約26万2500円
・RF 24-70mm f/2.8 L IS USM 8万2600バーツ 2499ドル → 約26万2500円
・RF 70-200mm f/2.8 L IS USM 9万3500バーツ 2799ドル → 約29万4000円

というわけで、レンズは約30万ほどする高額なレンズですね。一般的な人々にはレンズだけで30万近い価格はなかなか手が出せない金額だと思いますね。ですが、フラッグシップとなるレンズはメーカとしては必要ですので、このあたりのレンズはできるだけ早めにラインナップにしておく必要があるのでしょうね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.canonrumors.com/weve-received-the-pricing-for-the-new-rf-lenses/