低価格フルミラーレス Nikon Z1のマウント上部に小型液晶搭載?

(記事を一部引用しています)

廉価フルサイズミラーレスに小型液晶が搭載?

記事によれば、廉価フルサイズミラーレスのNikon Z1のマウント上部に小型液晶が搭載され、そこに様々な情報が表示される可能性があるとしています。もちろん、それらしきものがあるぞということで勝手に想像しているわけですが、こういうのはアイデアとしては面白いですね。ちなみに、Nikon Z6/Z7では右肩部に液晶が搭載されています。

カメラ上部は、カメラを操作するスイッチやダイヤルを設置するのに非常に重要な場所ではありますが、近年は様々な理由でカメラ上部の機能の取り合いになっています。というのも、例えばただでさえ小型化してカメラ上部の面積が小さくなっているうえに、ポップアップEVFや、ポップアップフラッシュの内蔵も求められていて、カメラ上部にボタンやダイヤルを設置するスペースはかなり少なくなって来ているからです。そうなると、そこに情報表示のためのLCDなんか設置するスペースはないということになるわけですね。

そこで今回のアイデアがでてくるわけですが、ミラーレスになって軍艦部が不必要になったり、小さくて済むようになっていますので、その部分を少し後退させれば、そのスペースのボタンやダイヤルの設置は無理だけど、小型液晶なら搭載可能という考えになるのだと思いますね。なので、なかなかいいアイデアだと思います。

そもそもこの画像はフェイクなのか本物なのか?

そもそもこの画像はどのような状況でリークされたものなのでしょうか?実はそれがよくわかっていません。たぶんですが、いきなり記事元のサイトにこの画像が送られてきたのではないか?と思います。これをAPS-Cミラーレスのプロトタイプ画像ではないか?と考えた人もいたようですが、画像をよくみてもらえばわかりますが、マウント部にFXという表示があり、これはフルサイズミラーレスのカメラであることがわかります。

マウント名とフォーマット名の関係がわかりにくいですが、Fマウントは一眼レフ用のマウント、Zマウントはミラーレス用のマウントで、FXフォーマットはフルサイズセンサー、DXフォーマットはAPS-Cセンサーとなっています。この表示が正しければフルサイズミラーレス用のカメラということが言えますね。

またZ1という名称が事実であれば、ニコンのフルサイズミラーレスはすべてが一桁台の名称を持つということになりそうです。今のところ噂されているのは、廉価ミラーレスのZ1、高解像度版のZ9です。そうなると、Z1、Z6、Z7、Z9というモデル名になります。これだと後継機種の命名が非常に面倒くさいことになると思うのですが、どのような命名になるのか気になりますね。Z1 IIというようにMark II形式になるのか、Z1sとかアルファベットを追加する形になるのか、Z10とかZ100とか桁が上がっていく形式になるのでしょうか?

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://nikonrumors.com/2019/09/30/is-this-a-small-lcd-screen-on-the-top-of-the-nikon-z1-mirrorless-camera-prototype.aspx/