ニコンのAPS-Cミラーレス Z50の画像初流出?レンズ仕様も一部判明

以前に報告した通り、Nikon Z1のプロトタイプに非常に似たカメラになるだろう。

(記事を一部意訳しています)

Nikon Z50の画像が流出?

軒下デジカメ情報局のリツイートによれば、上記の写真がNikon Z50の画像ということです。真偽はともかくいずれにせよ初のリーク画像ということになりますね。

で噂ではプロトタイプのNikon Z1に近いという表現がされていますが、それはどんな画像でしょうか?それがこれです。

見た目はかなり近い?

Z1のプロトタイプにはFXという文字があるので、これはフルサイズセンサー用のわけですが、見た目に関して確かにかなり近いように見えますね。ネット界隈ではNikon 1 V1に似てるとか、いやいやV2のほうに近いねと話題になっているようです。

まず写真の右側(本体の左側)の肩部には何もなく、写真の左側(本体の右側)の肩部にはダイヤルとグリップ上部にダイヤルがあるのがわかります。このあたりはプロトタイプと非常に似ていますね。ただNikonのマークが記述されている部分については、プロトタイプよりかなり前にせり出しているようにみえます。

レンズについては16-50mmでf/3.5-6.3というレンズになっているようです。通常ですと18-55mm f/3.5-5.6といったレンズであるのですが、少し広角よりになっているようですね。そして望遠端が少し暗いです。さらにVRの文字もあるので手振れ補正も搭載されているレンズであることがわかりますね。

たぶん、この少し変則的なレンズになっているのは、最近のカメラは広角よりのズームが標準ズームで同梱されているのが流行になっているので、それを意識しているものと思われますね。例えば、ソニーのα6400ではE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS、EOS Kiss MではCANON EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMがキットレンズになっています。たぶん、このほうが小型にできることと、薄くすることができるのでしょうね。実際に流出画像のレンズはかなり薄いようにみえます。さらにレンズがせり出しているように見えることから、恐らく沈胴式のレンズだと思われますね

さて、いよいよ明日にも発表されるZ50ですが、楽しみになってきましたね。

追加報告:さらに新しい画像が2枚流出しています。詳しくはこちらをどうぞ(参照 ニコンAPS-Cミラーレス 新たに2枚の画像流出 画像からわかることは?)。

(記事元)https://nikonrumors.com/2019/10/08/first-leaked-picture-of-the-nikon-z50-mirrorless-aps-c-camera.aspx/