ニコンAPS-Cミラーレス 新たに2枚の画像流出 画像からわかることは?

ニコンAPS-Cミラーレス 新たに2枚の画像流出 画像からわかることは?

Nikon Z50の新たな画像が流出

今朝、このような画像が流出していたわけですが、さらに2枚のNikon Z50に関する画像が流出したようです。とりあえず、こちらでまとめて引用してみます。どんどん新たな情報が流出している様相になっていますね。まあ、明日にも発表ということで仕方がないと思われます。

(記事を一部引用しています)

この画像からわかる仕様を考えてみたいと思います。

<<下に記事が続きます>>


画像からわかること

2枚目の新しい画像からまずレンズの種類がわかりました。DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRとありますので、焦点距離が16-50mm、f値が3.6-6.3で手振れ補正があることがわかります。レンズに関しては見た目的に沈胴式のように見えますが、沈胴式にあるロック解除ボタンのようなものが見当たりません。カメラのスイッチを入れることで自動的に伸縮する電動式でしょうか?またズームリングと異なるリングがありますが、これが単なるフォーカスリングなのか、それともこのリングに様々な機能を割り当てられる多目的なリングなのかはわかりませんね。

さらに写真の右側の本体の側部にはマイク、USB、HDMIのそれぞれの端子があることがわかりますね。

つづいて軍艦部には何らかの開閉スイッチのようなものがありますので、これが内蔵フラッシュの開閉スイッチなのでしょうか?それとも可動式EVFのロック解除スイッチなのでしょうか?

右手グリップ上部には前部ダイヤルと、レリーズボタンと電源スイッチ、録画ボタン、恐らくISOを決定するボタン?とセレクトダイヤルとライブビュー切り替えスイッチのようなものもありますね。ミラーレスだからライブビュースイッチは意味ないようにも思えますが、メカシャッターと電子シャッターの切り替えスイッチなのでしょうか?

次の3枚目の画像からもいろいろわかりますね。チルト式液晶は完全に下側に折り返しになってセルフィーに対応していることがわかります。EVFの下にはセンサーのようなものがあり、顔の近接を感知しEVFをON/OFFするセンサーだと思われます。またタッチシャッターに対応していること、右手親指付近にはボタン、セレクトダイヤル、さらにボタンを4つまで確認することができますね。オーソドックスなエントリー一眼レフのスタイルに近いようなイメージです。

そしてよくみると本体がめっちゃ薄そうなのがわかりますね。軍艦部が飛び足しているので厚そうな感じですが、よくみると本体が本当にフランジバックそのままとても薄いようなイメージです。

というわけで、それぞれ写真からわかることを見てみましたが、みると結構かなりいい感じのカメラのようにも見えますね。噂が正しければいよいよ明日が発表ということで楽しみですね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://twitter.com/nokishita_c/status/1181733678361169920

新製品の噂カテゴリの最新記事