Nikon Z6/Z7 新ファーム来週公開!? ProRes RAW対応、AF性能向上

二つの異なる情報筋から、ニコンが来週にも新しいNikon Z 6/Z 7のファームウェアアップデートを発表するという確証を得た(たぶん12月17日火曜日)。新しいファームウェアは長く期待されていたProRes RAWのアップデートとオートフォーカスの改善になると噂されている。このファームウェアにCF Expressへの対応があるかどうかはわからない。

(記事を一部意訳しています)

Nikon Z 6/Z 7の最新ファームが公開か?

噂によれば来週の木曜日にもNikon Z 6/Z 7の最新ファームが公開される可能性があるようです。内容的にはProRes RAWへの対応、オートフォーカスの機能向上がメインとなるようです。待たれるCF Expressの対応が含まれるかどうかは、今のところまだ不明となっているようですね。

オートフォーカスについてですが、さらなる瞳AFの機能向上などがあるとうれしいかもしれませんね。初期からNikon Zの瞳AFはかなり優秀でしたが、その後のαシリーズでは動物の瞳AFに対応するなど機能が向上していますし、人間の瞳の追従についてもソニーは定評があります。ニコンとしても、より瞳AFの機能を向上させたほうがいいと思いますね。ただ、今回のファームウェアで、そのような修正があるかは不明です。単なる精度の向上にとどまる可能性のほうが高いかもしれませんね。

そして、もう一つにProRes RAWに対応する可能性があるようです。Nikon Z 6/Z 7はすでにProRes RAWへの対応が決まっていて実際に、そのことが発表されています。あとはファームウェアの更新だけという状況だったのですが、ついにProRes RAWに対応するかもしれません。

このProRes RAWとは何か?ということですが、これはAppleなどが作った動画用のフォーマットで、カメラから出力されたRAWデータを取り込んで作成される動画収録用のフォーマットです。フォーマットについて調べてみると、どうやらセンサーからのデータがそのまま保存される仕組みのようで、なのでRAWという名前が付いているようですね。RAWのデータがそのまま記録されているので、編集における加工の幅が広がりますし、さらに高品質な画質で記録できるということで、様々なところで利用されつつあるフォーマットなのだそうです。

実際の使い方としては、後付けの記録装置のようなものを取り付けて、Nikon Z 6/Z 7で撮影したデータをリアルタイムに取り込んでPreRes RAWで保存するということをするようです。将来的には完全にカメラ内部でこれができるようになるのかもしれません。

柔軟になったカメラのアップデート

それにしても最近のカメラは本当に何でもファームウェアのアップデートで何でも更新できてしまうので本当に驚きます。もうコンピュータにレンズやセンサーが付いているような状態になっているように見えます。

例えば、Nikon Zシリーズが発売間もない頃、瞳AFがないということでかなり不評を買いましたが、それもあっという間にファームウェアのアップデートで対応してしまいました。瞳AFって後付けで機能実装できるの?という感じで驚いたのを覚えています。

さらに、他の機種と比較して低輝度時のAFが弱いということが取り上げられると、こちらもファームウェアのアップデートで、低輝度時のAF機能が向上してしまいました。ファームウェアのアップデートで、そんなことができるぐらいなら最初からやっておけばいいのにと思ったものです。

このようにミラーレス化で様々な機能を最初から設計していく段階で、ファームウェアのアップデートで様々な機能向上が可能なようにあらかじめ念頭において設計されているのでしょうね。このような後から様々な機能向上が可能になったのもミラーレスでのメリットなのかなと感じています。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://nikonrumors.com/2019/12/14/new-nikon-z6-z7-firmware-updates-rumored-for-next-week.aspx/