来月発表と噂のNikon D780の仕様が一部流出?!

ついに我々はNikon D750の後継機種の名前を入手した。そしてそれはNikon D760ではない。ネット上に浮上した最新の噂によれば、Nikon D780とよばれるようだ。恐らく2020年1月のCESでニコンはNikon D780を公式発表するだろう。

たくさんのニコンユーザ、特にセミプロフェッショナルのウェディングカメラマンは、このアップデートを待っていただろう。驚きなのはNikon D780だけでなく、ニコンはNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 SレンズとFマウントズームレンズも公開するだろう。

Nikon D780はNikon Z 6でみられる主要スペックが搭載されると噂されている。だからNikon Zの一眼レフバージョンと言ったほうがいいだろう。

噂されるD780のスペック

・改良された2400万画素裏面照射型センサー
・多関節のチルト式タッチスクリーン 3.2インチ 210万画素
・かなり改良されたイメージプロセッサ(D750と比較して)
・RAW撮影時の撮影コマ数/秒の改善
・動画 3840×2160 24p-30p、1920×1080 24p-120p
・WIFI、Bluetooth内蔵
・内蔵フラッシュなし
・より高いISO(D850より良い)
・デュアルSD UHSIIカードスロット
・51~153のAFポイント 私が聞いている数字は105AFポイント
・Nikon Zシリーズのような改良されたインターフェース
・現在のD750よりわずかに小さく軽量な本体
・Nikon EN-EL15bバッテリー (Z7, Z6, D850, D750や他のニコンのカメラで使用されているものと同じ)
・2020年内に発表される(確認は取れていないが、早ければ2020年1月のCESで発表される)

(記事を一部意訳しています)

Nikon D780の仕様が明らかに

最近わりと急にNikon D780に関する噂が入ってくるようになっているわけですが、今回はNikon D780の仕様に関する噂がはいってきています。恐らく発表が直近に控えているので、様々なところから情報が少しずつ流出しているのかな?と思いますね。

今回は仕様に関してかなり詳しい噂がでてきています。センサーは2600万画素2400万画素で、主な仕様はNikon Zシリーズに近く、インターフェースについてもNikon Zのそれと同じように改良されているようですね。インターフェースというのは、たぶんボタンやダイヤルの配置のことだと思われ、液晶の表示メニュー構成や操作方法がZシリーズと同じになるという意味ではなさそうですね。

中身がミラーレスの一眼レフ?

そし記事元の人も同じことを書いているようですが、やはり基本性能はNikon Zシリーズそのもので、それが一眼レフになったようなものになりそうです。こうすることによってすでに開発、発売済みのNikon Zの技術や部品などをそのまま流用することができますので、より簡単にといったら語弊がありますが、短期間でカメラを開発して発売することが可能になる可能性があるわけですね。短期間でできるということは、それだけ人的リソースを投入する期間も短くなりますので開発研究費もより最小限で済むということになるわけです。ニコンにとって別開発として続けていくことは経営効率上は大変なので、カメラ需要が縮小している現在では、様々なものを流用していくことが重要になるのでしょうね。

もし、このような開発をしていくのであれば、今後も同じような手法で新しい一眼レフが販売されることになりそうです。例えば、Nikon Z 50をベースにした一眼レフ、例えばNikon D7500の後継機種が発売されてもおかしくありませんね。そしてNikon D5600の後継機種は今後に発売されると噂されているNikon Z 30がベースになることも十分に考えられると思われます。

こうなるとなかなか面白い状況になっているんだなと思いますね。D780に関してはどこまでNikon Z 6と性能的に近いのか非常に興味があります。発表が楽しみになってきましたね。詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)http://thenewcamera.com/nikon-d780-camera-on-january-2020-confirmed/