パナソニック フルサイズミラーレス2機種、レンズ3本を25日に発表か?

 9月25日、いよいよ明明後日に発表かもしれません。

 
 9月25日に発表されるパナソニックの公式発表について、いくつかの情報を得た。これが発表されるであろう内容だ。
 

  • エントリークラスのボディ内手振れ補正があるLマウントフルサイズミラーレスカメラは4k 60pに対応し、低画素モデルである
  • プロフェッショナルモデルのボディ内手振れ補正があるLマウントアルサイズミラーレスカメラは4k 60pに対応し高解像度モデルである(ほぼ5000万画素)
  • フルサイズ用の24-70mmズームレンズ
  • フルサイズ用の50mm プライムレンズ
  • フルサイズ用の70-200mmズームレンズ

 またいくつかのマイクロフォーサイズ用のアクセサリが新しいカメラのシステムと互換性があるだろうと聞いた。このことを開発発表時に覚えていて欲しい。最初のカメラは2019年3月に発売される。完全に仕様の詳細は1月に発表されるだろう。

 パナソニックのフルサイズミラーレスが9月25日に発表されると言われています。その発表される内容の内訳が解ってきました。
 噂によれば、カメラは2種類。低解像度バージョンと高解像度バージョンが発売されるようです。このあたりは、ニコンのZ7/Z6と同じような違いになりますね。
 さらに標準ズーム、望遠ズーム、50mmの単焦点レンズというオーソドックスなレンズ3本が同時に発表されることになるようです。
 パナソニックのカメラの発売は来年になるようですが、どうやらニコン、キヤノンの発表にあわせて本来の予定になかった発表である可能性が高いように思えますね。一人でも顧客を逃さないために事前に発表しておくということだと思われます。
 いよいよ様々なメーカがフルサイズミラーレスに参入してきているわけですが、かなり競争が激しくなってきていますね。
 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元) https://www.mirrorlessrumors.com/panasonic-will-announce-three-new-full-frame-lenses-along-their-first-two-l-mount-cameras/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。