キヤノン 一眼レフ用レンズ研究開発中止と海外でも伝わる ミラーレスへ移行??

キヤノン 一眼レフ用レンズ研究開発中止と海外でも伝わる ミラーレスへ移行??

一眼レフレンズの開発中止と海外で伝わる

先日、当サイトでキヤノンが一眼レフのレンズからRFマウント用レンズへ注力しようとしているという記事を紹介しました(参考 キヤノン RFマウントレンズに集中!? 事実上EFレンズの開発終了??)。

海外のサイトでも大きく取り上げられていて、事実上のEFレンズの開発終了なのではないか?と受け止められているようです。その海外の記事を少し紹介してみます。

キヤノンはEFレンズでなくRFレンズに注力

これがEFマウントにとって何を意味するのか?キヤノンはEFマウントをサポートし続け、そしてそのためにレンズを製造する。しかし、それは当面だ。RFマウントの成熟でキヤノンはユーザにRFマウントへの移行を期待しているだろう。

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)https://www.canonnews.com/canon-to-focus-on-canon-rf-lenses-not-ef

こちらのサイトではレンズを製造し続けるけど、それも短い間としていますね。キヤノンはEFレンズシステムを完全にサポートすると述べているわけですが、それをレンズの製造を続けるというような解釈をしたのかもしれません。

キヤノンは一眼レフの開発を中止

キヤノンの担当者はインタビューで、キヤノンの新しいEFまたはEF-Sレンズの研究開発を中止したと述べた。近い将来、市場に需要があるまで、新しいDSLRレンズはない。

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)http://thenewcamera.com/canon-stopped-development-of-dslr-lenses/

他のサイトはEFレンズではなくRFレンズの開発へシフトというような書き方をしているのに対し、こちらは直接的に一眼レフの開発は終了という表現をしています。

キヤノンは、「今はRFレンズに注力しており、市場の要求がなければEFレンズはない」と述べた。

私は「市場が要求すべきだ」という定型句を過去に何度も聞いてきた。そしてこれは彼らのシステムが”脳死”することを意味している。私はEFレンズの開発凍結にはもう少し時間があると本気で予想していたが、縮小する市場で同時に二つの馬の馬券を購入するリソースがないと認識できるぐらい賢かったということだろう。

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)https://www.mirrorlessrumors.com/well-that-was-damn-fast-transition-canon-says-focus-now-is-on-rf-lenses-and-there-will-be-no-new-ef-lenses-unless-market-demands-it/

こちらのサイトでは「需要があれば発売する」というのは一種の定型句のようなもので、もう実質的には新しいレンズが発売されることはないというような記事になっていますね。

<<下に記事が続きます>>


いまのところわかっていること

いまのところ解っていることは、EFマウント用のレンズを維持しつつ、今後はRFマウント用レンズに注力していくということですね。そして需要があればEFマウント用のレンズも発売するということです。そして、この発言はEFレンズの今後の開発がないことを念頭においたものなのか、それともしばらくはRFレンズに注力する必要があるので、しばらくまってねというような意味なのか、ニュアンス的には結構微妙なところです。ですが、海外では事実上のEFレンズの開発中止というようにセンセーショナルに捉えてしまっている可能性があるので、そこを差し引いて考える必要があると思います。

さらにもっと重要なことは、すでにEFレンズはかなりのラインナップがあり、現状のラインナップ以上のレンズが必要なのかというと必ずしもその需要は多くないとも言えると思います。新レンズのラインナップが拡充しないだけで、既存の旧設計レンズの更新はあり得るかもしれませんので、そのあたりは時間が経過しないとわからないと思いますね。

ただ、少なくともRFマウントのラインナップがある程度、充実するまでは新しいEFレンズの発売というのは、今現在、すでに開発が完了して発売待ちになっているレンズを除いては難しいのかな?というような状況ではないかと思います。

そして、このことはたぶんニコンも同様で、今後はZレンズに注力してFマウントレンズの新しいレンズというのは、すでに噂されているレンズ以外は厳しいのかもしれないな?と思いますね。

新製品の噂カテゴリの最新記事