Fujifilm 半年でカメラ3機種発表か?? X-T4はボディ内手振れ補正搭載

NewCameraが2020年に発売される富士フイルムのカメラについて投稿しています。

以前に投稿で述べたように、富士フイルムは近い将来、X-T4、X100V、X-T200の3つの新ししカメラに関して発表する。これら3つのすべてのカメラが2020年の第一四半期と第二四半期に発表されると予想される。

これらの噂は数ヶ月~数週間前に述べたものでちょうど確認が得られたものだ。

・Fujifilm X-T200が2020年初頭に登場 X-Trans IIIセンサーを搭載した最初のエントリークラスカメラ
・Fujifilm X100V 2600万画素裏面照射型センサーとチルト式タッチスクリーン搭載
・Fujifilm X-T4 予定通りなら2020年第一四半期か第二四半期。ボディ内手振れ補正内蔵

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)http://thenewcamera.com/fuji-x-t4-fuji-x100v-and-fuji-x-t200-coming-soon/

富士フィルムが3機種のカメラを発表?

富士フィルムが半年以内に3機種のデジカメを発表する可能性があるようです。一つはコンデジのX100VでX100Fの後継になるとみられています。二つ目はX-T200で、こちらはエントリークラスのレンズ交換式のミラーレスカメラです。さらにハイアマチュアモデルとなるX-T3の後継機種でX-T4ですね。この中でもX-T4X-T3は価格も高いのに比較的好調に売れているので玄人向けのカメラと言えるかもしれません。

そしてX-T4にはボディ内手振れ補正が搭載されるという噂があるようです。この噂を聞いて、喜んでいる人が結構居るようですね。やはりボディ内手振れ補正は今が旬の機能ということがいえそうです。

ここのところAPS-Cミラーレスでは、かなり頭角を現していて人気もでてきている富士フイルムのカメラですが、新製品に期待する人も多いと思いますね。どのようなカメラになるのか楽しみです。