ソニー 高感度機の新製品α7S IIIを4月に発表??

ソニーによるとこれがα7S IIIだ

・間違いなく少なくとも4k/60、10bit 4:2:2
・いくつかの機能は「予想を超えている」
・そして「さらなるバッテリーパワー、AF正確性の向上、その他たくさん」

これはソニーが何度も述べたことだ。α7S IIの後継機種は今年やってくる。そして個人的な推測では、それは4月のNAB Showで見ることができるかもしれない。

これはプロトタイプ機をみたという信頼できる情報筋から得られた少しの情報だ。

・プロトタイプ機の録画 4k 120p(8k録画機能はない)
・プロトタイプ機はとても厚く、排気口がある
・α9 IIと同様の改良(AF、製造品質、防じん防滴)

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)https://www.sonyalpharumors.com/this-is-what-sony-said-about-the-future-a7siii-it-will-have-4k60p-and-10bit-422-and-exceed-expectations/

[itemlink post_id=”4194″]

α7S IIの後継機種発売?

SonyAlphaRumorsがα7S IIIに関する噂を報告しています。

記事によればソニーのα7S IIの後継機種が早ければ4月にも発表されるかもしれないとしています。NAB Showというのは世界最大の放送機器展示会でアメリカで開催されます。そこでα7S IIIの発表があるかもしれないということのようですね。

αシリーズはα7がスタンダード、α7Rが高解像度タイプになっていて、α7Sは高感度タイプのカメラになっています。より高感度耐性が高くなっていて、夜でも昼間のような撮影が可能なぐらいになっていて、発売された当初は非常に驚きましたね。

録画機能の充実か?

記事によればボディが厚くなり、さらにどうやら排気口があるようです。排気口がありつつ防じん防滴であることの矛盾を感じますが、熱をヒートシンクのようにうまく伝導させて、ボディの外部で冷却できるようになっているのでしょうね。

このことから熱についての対策がかなりされているような印象を受けますよね。なのでα7S IIIはより連続で動画撮影が可能にように改善されている可能性があるのかな?と思いますね。超高感度で動画を撮影したいという需要は一定数あるとおもいますので、その需要に十分に対応できるのではないのかな?と思います。発表されるのが放送機器展示会であることも、動画機能について想像させてしまいますよね。

もしかしたら今年の4月に発表があるかもしれないということで、今年は本当に各社からフルサイズミラーレスが発売されて大変なことになりそうです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

[itemlink post_id=”4194″]