流出した高解像度フルミラーレスEOS RSの仕様は間違い?? 情報が錯綜

私が長らくのキヤノンの情報筋に聞いたところ、彼らはそのスペックはほぼ完全に間違っていると述べた。彼らは逮捕されたくないので、本当のスペックを述べることができない。彼らが言えることのすべては、ただスペックは外れているということだけだ。例えばセンサーは、スペックリストで言及されているよりも、もっと低い解像度になる。そして8k録画はないだろう。

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)https://www.mirrorlessrumors.com/these-rumored-canon-eos-rs-specs-are-nearly-compeltely-wrong-according-to-our-sources/

EOS RSのスペックの情報は誤りだった?

MirrorlessRumorsがEOS RSに関する情報を報告しています。

今朝、当サイトでEOS RSに関する海外における噂を紹介しました(参考 キヤノン 高解像度のEOS RS来月発表?? 仕様の噂)。その噂によれば、EOS RSは以下のようなスペックになるというものでした。

Canon EOS RS スペック

・4500万画素 (情報筋の一人は4000万画素と述べた)
・ボディ内手ぶれ補正
・ボディ内手ぶれ補正単独で5段分の補正
・レンズ内手ぶれ補正の使用時に7~8段分の補正
・14コマ/秒、20コマ/秒(情報筋の一人が言うには12コマ/秒、20コマ/秒)
・スクロールホイールを背面に追加
・タッチバーなし
・以前のEOS一眼レフに似たライブビューと動画のトグルボタン
・より大容量のバッテリーだが、LP-E6には見えない
・8K @ 30fps RAW
・4K @ 120fps
・4K @ 60fps
・クロップファクターについて得られた情報について私は混乱している
・CP+に向けて来月に発表

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)https://www.canonrumors.com/canon-eos-rs-specifications-cr1/

ですが、記事によればこの噂はほとんど間違っているということのようです。このスペックについては、多くのカメラ関連の情報サイトで拡散していて、EOS RSのスペックという噂が流出しているという情報が世界各国で報じられています。

<<下に記事が続きます>>


動画関連の怪しい情報?

各サイトで上記のEOS RSの仕様について報告されているわけですが、ちょっと信じられないと言われているのが8k動画機能ですね。海外のサイトでは、過去にキヤノンの経営者が8kビデオに関してロードマップにはあるとしているけれども、8kビデオが搭載されるというのは時期尚早ではないか?と述べています。

8kカメラについては、昨年、シャープが普及価格帯ということで8kビデオカメラ市場に参入していますが、普及価格帯であっても45万円するほどの価格になっています。なのでカメラに搭載するスペックとしてはかなり価格が高くなってしまう可能性が考えられますよね。

カメラの情報が流出するのは発表間もなくになってからということが多いのですが、これは関係者の内部発表会みたいなものが事前にあったり、発売時の宣伝に必要なパンフレット、説明書、ポスターなどの印刷物などが流出して確実な仕様として判明されることが多いですよね。

EOS RSについて、発売日の噂が正しいのであれば、来月の2月中旬に発表される可能性があるので、まもなくしっかりとした仕様がわかることになりそうです。

しかし最近のEOS R界隈の情報はかなり様々な情報がでてきていて、かなり混乱しているように感じますね。かなり多くの製品が発表される前触れなのでしょうか?気になるところです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog