キヤノン フルサイズ用RF 24-105mm f/4-7.1をまもなく発売??

キヤノン フルサイズ用RF 24-105mm f/4-7.1をまもなく発売??

キヤノン「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」のスペックはレンズ構成11群13枚、最短距離0.2m(AF)/0.13m(MF)、最大撮影倍率0.4倍(AF・105mm)/0.5倍(MF・24mm)、手振れ補正効果5段分、フィルター径67mm、Φ76.6 mm x 88.8 mm、395gらしい。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://twitter.com/nokishita_c/status/1226996694207696896

RF 24-105mm f/4-7.1 IS STMまもなく発売?

軒下デジカメ情報局がキヤノンの新レンズの噂について報告しています。

記事によれば、まもなくRF 24-105mm f/4-7.1 IS STMがキヤノンから発売されるようですね。上記のように製品画像まで流出していますので、ほぼ間違いないと思われます。

<<下に記事が続きます>>


レンズの噂と異なるレンズ?

これまでの噂では、2月に開催されるCP+に併せて、以下のレンズが発売されるとしていました。

・RF 24-105mm f/3.5-5.6 IS STM
・RF 100-500mm (可能性)
・RF エクステンダー (可能性)

たぶん、今回発表されるレンズは上記のRF 24-105mm f/3.5-5.6 IS STMのことだと思われます。f値がちょっと違いますよね。新レンズの使用をまとめると以下のようになります。

・レンズ構成11群13枚
・最短距離0.2m(AF)/0.13m(MF)
・最大撮影倍率0.4倍(AF・105mm)/0.5倍(MF・24mm)
・手振れ補正効果5段分
・フィルター径67mm
・Φ76.6 mm x 88.8 mm
・395g

それでは一眼レフ用のEF24-105mm F3.5-5.6 IS STMの仕様はどのようになっているでしょうか?

・レンズ構成13群17枚
・最短距離0.4m
・最大撮影倍率0.3倍(105mm)
・手振れ補正効果4段分
・フィルター径77mm
・Φ83.4 mm x 104 mm
・525g

というわけで比較してみると、RF 24-105mm f/4-7.1 IS STMのほうがレンズの外径を小さく、全長も短くなっていますね。そして軽量です。さらに最も異なるのが開放絞り値と最短撮影距離と撮影倍率ですね。RF 24-105mm f/4-7.1 IS STMのほうがより近くで撮影できるようになっていて、そして倍率も高くなっています。倍率は1.0倍ではありませんが、レンズによっては、このぐらいの倍率でMacroの名前を付けている標準ズームレンズもありますよね。

ですので、海外ではこのレンズの表記をRF 24-105mm f/4-7.1 IS STM Macroとしているところもあります。ですがレンズの写真をみてもマクロの文字はないので製品名にマクロの名称がつかない可能性もありそうです。

そしてRF 24-105mm f/4-7.1 IS STMのf値についても少し驚きますね。105mm時の開放絞りはf/7.1になってしまいます。明るいレンズが欲しかった人はちょっと残念だったかもしれませんね。

ですが、その点を除けば焦点距離の範囲も105mmまであって便利に使えそうですし、マクロ的にも利用できるのでテーブルフォトでアップの撮影も可能ということですし、サイズも小さく軽量で便利に利用できる万能レンズということになるかもしれません。EOS RPやその後継機(EOS R6?)とのキットレンズにもなりそうです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

新製品の噂カテゴリの最新記事