富士フイルム X-T4の画像と主要スペックが流出?? ボディ内手振れ補正搭載か

ついに、われわれは富士フイルムX-T4の流出した画像とその仕様を得た。カメラはX-T3、X-T30にある同じ2600万画素裏面照射型CMOSセンサーだ。

X-T4の主な仕様

・2600万画素裏面照射型CMOSセンサー(X-T3と同じ)
・バッテリ容量2350mAh
・ボディ内手振れ補正
・6kビデオなし(初期に噂されていたように)
・バリアングル式背面液晶
・大きな凸状のAF-ONボタン
・X-T3と異なり角張った筐体
・デュアルSDカード
・より多くのバッファ

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)http://thenewcamera.com/fuji-x-t4-leaked-images-and-full-specification/

[itemlink post_id=”4673″]

富士フイルムX-T4の画像が流出

NewCameraが富士フィルムの新製品であるX-T4の画像や仕様に関して報告しています。

記事によれば、富士フィルムのX-T4の画像の仕様が流出しているということのようですね。画像は上記のような画像で、見た目そんなに変わらないのかな?という印象です。

仕様についてはX-T3と同じセンサーということなので、大して違いはないのかな?と思いきや、ボディ内手振れ補正が搭載されたり、デュアルカードに対応したり、さらにバッファも多くなり、既存のNP-W126Sのバッテリ容量の1260mAhから倍増しているなど、かなり様々なところで強化されている印象ですね。特にボディ内手振れ補正の搭載は、単焦点レンズを利用している人にはメリットが多いのかな?と思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

[itemlink post_id=”4673″]