キヤノン EOS R6を5月発表6月発売?? 高画素機のEOS R5sの噂も

いまEOS-1D X Mark III、EOS R5の開発発表、RF 100-500mm f/4.5-7.1L IS USM、エクステンダー、EOS X10iとキヤノンの第一四半期の大きな発表を見てきた。我々はいつも次にどのような製品がやってくるのかを知りたがっている。

現時点で、次になにがやってくるのかを分析してみよう。

・Canon EOS R6

このカメラが5月に発表、6月に出荷されると予想している。発表日と発売日はまだ確認が取れていないが、これは我々が言われていたことだ。

Canon EOS R6の仕様

・2000万画素フルサイズCMOSセンサー
・ボディ内手ぶれ補正
・メカシャッター12コマ/秒 電子シャッター20コマ/秒
・4k 60p
・新しいバッテリー(EOS R5と同じかどうかわからない)
・2020年6月の発売(5月発表だと考えている)

・Canon EOS R5s、Canon EOS R3

高画素版EOS Rが2020年第四四半期に発売されると聞いている。現時点で、そのカメラの仕様については手に入れていない。そしてそのカメラがEOS R5sまたはEOS R3と呼ばれるのかもわかっていないが、どちらも考えられる。

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)https://www.canonrumors.com/whats-next-from-canon-in-2020/

[itemlink post_id=”4673″]

EOS R6が5月に発表?

CanonRumorsが次に発売されるキヤノンの新製品の噂について報告しています。画像はEOS R5です。

記事によれば、次に2機種のフルサイズミラーレスの発売が考えられるそうです。一つはEOS R6で以前から噂されていた低画素のタイプのようです。そしてもう一つは、これまて以前から噂されていた高画素版のEOS Rだそうです。そして、その名称はEOS R5sになるかEOS R3になるかわからないとしていますね。

どのような立ち位置のカメラか

EOS Rの新機種については、かなりたくさんの噂が出てきていますが、かなり情報が混乱しています。個人的にですが、メーカ側がユーザをつなぎ止めるために、わざと情報を細かく、小出しにしてリークしているのではないかと考えてしまうほどです。これまでの噂としては以下のような製品が噂されていました。

・スポーツ撮影向きプロフェッショナルモデル
・EOS R Mark II
・高画素モデル
・低画素モデル(高感度、または高連写モデル)
・低価格モデル

この噂が同時に入ってきたりする物ですから、それぞれが混同されたりしてカオスな状況になってしまっています。

すでに開発発表があったEOS R5は事実上のEOS R Mark IIになるのではないのかな?と思っています。そして、今回の噂にでてきたEOS R6については、様々な可能性があるのですが、少なくともEOS R5の連写性能と同じようですから、連写性能を求めたモデルではなく高感度モデルか低価格モデルになるのかな?と考えています。低価格モデルだとEOS RP Mark IIという立ち位置になるということでしょうか。ただ、もし画素数が2500万画素程度にまでなるとしたら、Nikon Z6と同程度の画素数になるので、こちらのほうがEOS R Mark IIに近いカメラになる可能性も高そうです。低画素モデルというと高感度耐性を高めたモデルという可能性もありそうで、その場合はα7sに対抗する機種になる可能性も否定できません。

そして次に高画素タイプですが、もしEOS R5がNikon Z 7に対抗する4000万画素程度のモデルになるのなら、高画素機は以前から噂されているようにNikon Z 7を上回るような6000万~8000万画素クラスのカメラになる可能性も考えられそうです。ただEOS R5が2500万画素から3000万画素程度でNikon Z 6に対抗するような機種になるのなら、Nikon Z 7に対抗する4000万画素程度のモデルに落ち着く可能性も考えられそうですよね。

EOS R5のスペックが断片的にしかわかっていないのではっきりしたことがいえないのですが、EOS R5の立ち位置がわかれば、EOS R6や高画素版EOS Rについても、相対的な関係からなんとなくどのような製品か見えてくるかもしれません。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

[itemlink post_id=”4673″]