キヤノン 新EOS Rに1億5000万画素センサー搭載??

きやの

数週間前にすでに得ていた、このキヤノンの噂を報告するのが嫌だった。しかし、他の情報筋からもそのことを聞いた。

これは本当だろうか?1億5000万画素のEOS R?これが言われたことだ。それでも、この噂について、どのように考えればいいのかわからない。

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)https://www.canonwatch.com/canon-rumor-eos-r-model-with-150mp-sensor-on-its-way-really/

キヤノンが1億5000万画素センサーを搭載?

CanonWatchがキヤノンのEOS Rについて報告しています。

記事によれば新しいEOS Rに1億5000万画素のセンサーが搭載される可能性があるとしています。

これまでの噂では8000万画素までの噂があったものの、1億5000万画素という数字は信じることができないとしていて、でもキヤノンにはこれを製造するだけの能力があるので、このようなセンサーが搭載されるのかどうか完全には捨てきれないとしています。

本当にこんなセンサーが搭載されたらすごいことになりそうです。

<<下に記事が続きます>>


もう一つの可能性

すごいことになりそうだなあ、と思っていたのですが、別の海外のサイトで以下のような噂がありました。

ネットに浮上した最新の噂によれば、EOS R5のプロトタイプでは約1億5000万画素のピクセルシフトハイレゾモードに取り組んでいる。しかし覚えていて欲しいのは、ピクセルシフトハイレゾモードはファームウェアのベータバージョンに限られ、最終的にファームウェアで有効になるかどうかはわからない。

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)http://thenewcamera.com/canon-eos-r5-to-have-pixel-shift-high-resolution-mode/

この記事によれば、EOS R5にはハイレゾモードがあり、それが1億5000万画素だとしています。ということは、もしこの噂が正しければ、センサーの画素数が1億5000万画素になるのではなく、ピクセルシフトセンサーモードで1億5000万画素になるという可能性が高そうです。

そもそもキヤノンのイメージセンサーはデュアルピクセルCMOSセンサーを搭載して、1つの画素を二つに分割するようなことをしているわけですが、この半分の画素をそのまま1つの画素として利用すれば、画素を見かけ上2倍にして撮影できるということにはならないのですかね?

例えばオリンパスのOM-D E-M1 Mark IIでは約2000万画素のセンサーを駆動させて複数枚の画像を撮影し、剛性することで5000万画素相当の画像を撮影できるということをしています。これですと、約2倍の解像度を得られることになります。

EOS R5は4000万画素、4500万画素と噂されています。デュアルピクセルCMOSならば、その倍の画素が使えるとして8000万画素。さらにピクセルシフトハイレゾモードで2倍の1億6000万画素で、1億5000万画素に近い数字が得られます。

こんなことが可能なのかどうかわかりませんが、いずれにせよ1億5000万画素で撮影できるという複数の噂が入ってきているのは事実で、これがどのようなものになるのか楽しみですね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥109,980(2020/07/14 09:24:12時点 Amazon調べ-詳細)