キヤノン フルミラーレスEOS Rのフラッグシップ機を2月に発表?

 キヤノンから、もう一つのEOS Rが発表される可能性があるようです。

 
 ”EOS R Pro”が後の正式発表に向けて2019年1月に開発発表されるのではないかと言われている。
 ”本格的な”EOS Rが2月28日に開催されるCP+に向けて2月中に発表されると言われている。
 まだ発表にさきがけて仕様は明らかになっていないが2019年第一四半期に新しいEOS Rが登場すると、複数からの情報を得る機会があった。

 詳しい状況はまったくわからないようですが、キヤノンが2つめのEOS Rを発表する可能性があるようですね。
 先日発表されたEOS RはNikon Z6に対抗する機種と考えられています。なので、高解像度であるNikon Z7に対抗する機種は現在のところなく、せっかく優秀なレンズを発売しても低解像度のEOS Rでは恩恵は受けられないのでは?と言われていました。なので完全に想像ですが、キヤノンは同じボディ、同じ仕様でセンサー解像度が高解像度のバージョンのEOS Rを投入しようと計画している可能性が高いのではないのかな?と思っています。
 このあたりニコンが最初にZシリーズを発表しましたので、その他の各社はそれを受けて様々な戦略を考えているのでしょうね。
 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.canonrumors.com/flagship-eos-r-camera-coming-in-february-ahead-of-cp-cr1/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。