シグマ キヤノンのフルミラーレス用RFレンズの発売を計画中??との噂

シグマが近い将来にRFマウントの発表をする

最初から述べておくが、シグマに関して流出する情報は、いつも比較的に信頼性が低いものとなっている。信頼性の理由から、シグマに関係する噂はあまり投稿したくない。

私は一人以上の未確認の情報筋から、シグマがRFマウントレンズに関する計画に取りかかることを発表しようとしていると聞いている。

情報筋の一人は、EOS R5が、シグマが2021年のいつの時期か市場にRFマウントレンズを投入するシグマの欲望を加速させたと主張している。

同じ情報筋は、現在のARTシリーズのレンズをRFレンズに換装することは起こりそうになく、シグマは独自なラインナップのRFマウントレンズを持つことになると述べている。私は、それらはEマウントとRFマウントレンズの間で多少、焦点距離が重複するのではないかと考えている。

いつものように、この噂は話半分に受け取って欲しい。

(記事を一部引用して意訳しています)

[itemlink post_id=”5609″]

シグマがRFレンズを発売?

CanonRumorsがシグマが発売するレンズの噂について報告しています。画像はEOS R5です。

記事によれば、シグマが近い将来にRFマウント用レンズを発売するかもしれないとしています。ただし、情報について、シグマに関する情報はいつも信頼性の低いものなので、話半分で聞いて欲しいということのようですね。そのあたりを心にとどめておきたいと思います。

今回の噂では、シグマがEOS R5の開発発表を受けて2021年、つまり来年中にRFマウント用レンズを発売することを決断したということが記述されていますね。あまりにEOS R5の仕様が衝撃的なものだったからでしょうか?キヤノンが本格的にフルサイズミラーレスに参入するということで、シグマがRFマウント用のレンズを発売を決断したというのは、あり得なくはないとは思いますね。

<<下に記事が続きます>>


ARTレンズではなく新しいラインナップ?

そのあとが気になる文章です。RFマウント用のレンズを発売するにあたり、既存のARTレンズを換装することはしないとしています。ということは、既存のソニーのEマウント用に発売されているフルサイズミラーレス用のARTレンズを単純に移植するということはしないということなのでしょうか?

たぶんシグマは、自社のレンズのフランジバックについて、かなり長めに設定してレンズを開発していると思われます。そうすれば、それ以下のフランジバックのマウントであれば、どのマウントでも同じ設計のレンズを移植して発売できるからですね。

現在のシグマのARTシリーズはEマウントとライカのLマウントに対応させています。Eマウントのフランジバックは18mm、Lマウントについては20mmですので、仮想フランジバックは最低でも20mmと設定してレンズを開発させているはずです。

で、キヤノンのRFマウントのフランジバックはどうなのか?というと、これはLマウントと同じ20mmですので、当然、Lマウント用に開発されたARTレンズを、そのまま異なるマウントのRFマウントとして発売できるはずですよね。

ですが、今回はRFマウント独自のレンズを発売するかもしれないとしています。これについてはどのような理由があるのでしょうか?経営効率上ではARTレンズを移植したほうがいいはずですが、何か特段の理由があるのでしょうかね?

このあたりはかなり気になる情報ではありますね。ミラーレス専用として、新シリーズを立ち上げるということなのでしょうか。そしてニコン用Zマウントレンズの発売もあるのかどうか、非常にきになるところですよね。

(記事元)https://www.canonrumors.com/sigma-to-make-a-major-rf-mount-announcement-in-the-near-future-cr1/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

[itemlink post_id=”5609″]