ソニー 新コンデジの画像流出 1インチセンサー搭載ビデオ撮影向き

これが5月26日に発表されるだろう新しいZV1の画像だ。これは基本的にビデオブロガー向けに作られたRX100 VIIの後継機種だ。それは大きな録画ボタンと完全に関節式で接続された背面液晶、最高のオートフォーカス性能があることを意味している。

・RX100VIIに似た形状
・EOS RPのように完全に関節式に接続された背面液晶がある
・RX100よりよいグリップ
・とても大きな録画ボタン
・内蔵NDフィルター
・2000万画素1インチセンサー
・24-70mm f/1.8-2.8
・瞳AFなどすべてオートフォーカス機能
・ワンタッチボケ機能
・自動物体探知
・5月26日発表

(記事を一部引用して意訳しています)

[itemlink post_id=”5873″]

ソニーがビデオブロガー向けのコンデジを発表

SonyAlphaRumorsがソニーの新しいコンデジについて報告しています。アイキャッチ画像はRX100 VIIです。

記事によればZV1の新しい画像が流出したようです。記事によれば、その画像によりバリアングル液晶と、録画用の大きなボタンなどが確認できるとしていますね。記事では2枚の画像が紹介されていますので、すべての画像は記事元リンクからご覧ください。

その画像からわかることですが、まず記事にもあるようにバリアングル液晶になっていることがわかります。これで三脚などに邪魔されず、完全に自分の姿が確認できることになりますね。

さらにカメラの上部に暴風カバーがあることがわかります。このことから、この部分にマイクがあり、別画像からこれがポップアップ式のマイクになっている可能性がありそうですね。

そして画像下をみるとオリジナルの三脚のようなものにカメラが接続されていて、そこには静止画のレリーズボタンと、録画ボタンが配置されているのがわかります。自撮り用カメラということで、ボタンを前側から押しやすいような配置になっているのでしょうね。

<<下に記事が続きます>>


RX100シリーズは終了?

そしてさらに新しい情報として、このカメラが1インチセンサーを搭載しているということがわかったようです。仕様のなかにさらっと書いてありますが、これまでセンサーサイズは明らかになっていませんでした。

そうすると確かにビデオブロガー用のカメラとして新シリーズを立ち上げるということきわかりますが、既存のRXシリーズがどうなるのか気になるところですよね。

バリアングル液晶や特殊なマイクがあるぶん価格が高くなる可能性はあるわけですが、同じ1インチセンサーでビデオブロガー用と静止画用で2種類のカメラを作り続けていくことについては、若干合理性がないのかな?とも思います。そうするとRXシリーズは終了で、今後はZVシリーズだけになるのか、それともRXとZVの両方が併売されるのか非常に気になるところですね。

ただ画像をみるとZV1にはEVFがない可能性があって、その可能性を考えるとEVFの有無によって動画用カメラと画像用カメラに分かれて、別シリーズとして販売される可能性もありそうです。

(記事元)https://www.sonyalpharumors.com/leaked-first-images-of-the-new-sony-zv1/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

[itemlink post_id=”5873″]