ソニー 今月26日にα7S II後継のプレス向け発表会実施と噂?? 最新の仕様の噂

先週、ソニーが6月26日に報道陣と内部ミーティングをもつと述べた。しかし、報道陣がカメラをいじり、レビューを書く時間があるかもしれないので、一般的な公式発表はそれから数日後になるかもしれない。だから、6月26日の公式発表には期待しないで欲しい。

ソニーが2台のカメラをまもなく発表することは100%だと確信しているが、両方のカメラが同時に発表されるのか、それとも2台目のカメラが少し遅れて7月に発表されるのかは分からない。

・α7S IIIと12-24mmレンズが6月最終週に報道陣に公開されるだろう(秘密保持契約がいつ切れるのかは不明)。2台目のフルサイズカメラは数週間後の発表になるかもしれない?
・12-24mm f/2.8 GMレンズはとても高価になるだろう(約80003000ドルかそれ以上)
・新しいハイエンドカメラはα7S IIの後継機種になる(少なくとも4k 120p、10bit 4:2:2、α9 IIに似たAF性能そして、7月下旬か8月上旬までに発売)
・2台目の新しいカメラはフルサイズカメラになり、そしてソニー”初”(このことはなぜか既存のフルサイズモデルの後継機種にブランド付けされないことを意味している)。それは、新しい1000ドル以下のエントリークラスα5になるかもしれない。

(記事を一部引用して意訳しています)

ソニーの新製品の噂

SonyAlplaRumorsがソニーカメラの新製品について報告しています。画像はα7S IIです。

記事によれば、ソニーが6月26日に報道陣との内部発表会のようなものがあるようです。このとき、正式な発表まで情報を漏らさないように秘密保持契約が結ばれるようですね。そうしないと情報が漏れてしまって、発表会での驚きがなくなってしまうからでしょう。

そして、恐らく発表会をして、その後に新聞、雑誌、Webメディアに一斉に報道してもらうために、カメラを試用して記事をかく猶予的な時間が与えられるかもしれないとしています。そして、正式発表までは秘密保持契約で情報を漏らすことができず、数日後の正式発表で一斉に解禁という流れになるのかもしれません。

では、どのぐらいの猶予期間がもたれるのでしょうか?内部発表会の数日後なら6月内の発表になりますし、1週間以上先だと7月になってしまいます。今月に行われるかどうかは結構微妙なラインという感じですね。

新しいフルサイズカメラ

発表される機種はα7S IIの後継機種になるとしています。命名規則がこれまで通りだったらα7S IIIになるとみられます。このカメラはビデオ撮影能力が高いカメラとされていて、ビデオブロガーや動画撮影向けのカメラになるとも言われています。そしてα9 IIに近いAF性能があるということで期待ですね。またビデオ撮影向きということで、バリアングル液晶を搭載してくるかどうかというのも興味のあるところです。

そして問題なのは2台目のカメラで、以前の噂ではα5という新シリーズになり、ボディ単体で1000ドル以下のフルサイズミラーレスカメラになるという噂もあるようです。これとは別に以前にはRX1シリーズのようなフルサイズセンサーのコンデジになるのではないか?という噂もあり、こちらのカメラもどのようなカメラなのか目が離せないカメラになりそうですね。

1000ドル以下というと、日本円では現時点で約11万円以下になります。対抗する機種はEOS RPになると思われますが、そのEOS RPも現在の最安値で約12万円です。それより安い価格が売り出し価格となるとしたら、かなり廉価なカメラということが言えそうです。ちなみにEOS RPの初値は約15万6000円でしたので、もし仮に本当に約11万円以下で発売するとなると、かなりのコスパの良さが際立つ製品になりそうですよね。

あと気になるのはスペックで、例えば廉価にするためにEVFがないか、またはオプションだったり、光軸上にEVFがないなど廉価にするためにある程度の妥協した仕様になっているはずですので、どのような製品になっているのか楽しみですね。

(記事元)https://www.sonyalpharumors.com/what-we-know-about-the-late-june-sony-announcement-two-cameras-and-one-lens-coming/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog