キヤノン EOS Mシリーズにボディ内手ぶれ補正搭載と噂 Kiss M後継機種に搭載??

私は将来のEOS Mシリーズにボディ内手ぶれ補正を見ることになるのかどうか具体的にたずねた。キヤノンはEOS Mのラインナップで恐らく1台か2台、ボディ内手ぶれ補正を搭載するだろうと情報筋は述べた。

どのEOS Mのカメラにボディ内手ぶれ補正があるのかは聞いていないが、私が思うにEOS M50 Mark IIが有力だと考えている。また噂されているフラッグシップEOS Mにもボディ内手ぶれ補正が搭載される可能性があるだろう。

(記事を一部引用して意訳しています)

EOS Mシリーズにボディ内手ぶれ補正搭載?

CanonRumorsがEOS Mシリーズのボディ内手ぶれ補正について報告しています。画像はEOS Kiss Mです。

記事によればEOS Mにボディ内手ぶれ補正が搭載される可能性があるようです。EOS Mシリーズの中から1台か2台にボディ内手ぶれ補正が搭載される可能性があるのではないか?という噂があるようですね。

いまはどのカメラにもボディ内手ぶれ補正が搭載されていて、最近のカメラの重要な機能の一つになっています。実効性や、価格との兼ね合いで、実際に必要な機能かどうかはともかく、これだけ多くのメーカが、より廉価な機種にもボディ内手ぶれ補正を搭載しようとしてきていますので、キヤノンとしてもEOS Mにボディ内手ぶれ補正を搭載しなくてはならないような状況になっているのでしょうね。

手振れ補正機能のない単焦点レンズでも手振れ補正が利用できることもメリットなわけですが、将来的にはボディ内手ぶれ補正が搭載されていることを前提に、焦点距離の短い多くのレンズが手振れ補正機能を搭載せず描写性能を高める方向にレンズ設計をしてくることも考えられそうです。

EOS Kiss Mにボディ内手ぶれ補正?

EOS M50というのは、日本名でEOS Kiss Mのことで、EOS M50 Mark IIということはEOS Kiss Mの後継機種を指していることになります。

記事元の筆者は筆者の考えとして、EOS M50にボディ内手ぶれ補正が搭載されるのが有力だとしています。ということはEOS Kiss Mの後継機種にボディ内手ぶれ補正が搭載される可能性が高いのでしょうか?

EOS Kiss Mはミラーレスカメラのなかで最も売れているカメラの一つなわけですが、このカメラにボディ内手ぶれ補正が搭載されると、他社のカメラと比較してかなり差別化できることになりそうです。あとは価格次第なところもありますが、Kissシリーズなので高額にするわけにもいかないでしょうから、廉価でかつボディ内手ぶれ補正が搭載されているカメラになり、そしたらかなり売れる機種にはなりそうですよね。

ですがエントリークラスのカメラにボディ内手ぶれ補正を搭載してくることなどあり得るのでしょうか?

(記事元)https://www.canonrumors.com/ibis-is-likely-coming-to-the-eos-m-lineup-cr2/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog