一眼レフ販売ランキング 久々のニコン製品1位も喜べない理由

1位 D5600 ダブルズームキット D5600WZ(ニコン)
2位 EOS Kiss X9i ダブルズームキット KISSX9I-WKIT(キヤノン)
3位 EOS Kiss X10 ダブルズームキット ブラック KISSX10BK-WKIT(キヤノン)
4位 D3500 ダブルズームキット D3500WZ(ニコン)
5位 D3500 18-55 VR レンズキット D3500LK(ニコン)

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/21dcdeb980682ee9d5843088654a43953f8954f0

ニコン製品が久々の1位

BCNが一眼レフの売れ筋ランキングを公開しています。集計期間は2020年7月27日から8月2日となっています。すべてのランキングは記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、一眼レフの売れ筋ランキングで、久々にニコン製品が1位を獲得したようです。毎週のデータを追っているわけではありませんが、ニコン製品が1位になるのはあまりないことで、恐らく今回はかなり久々の1位を獲得したのではないでしょうか?だいたいいつもは、D5600のダブルズームキットが2位に入るのがようやくといった感じでした。

メーカ別ではキヤノンが7機種、ニコンが4機種となっています。合計すると11機種となりますが、同率10位が2機種あるので合計で11機種となっています。

価格をみると、これらの製品ではいずれも価格がかなり安くなっているので売れているのもわかります。価格.comの調査によれば、D5600ダブルズームキットは6万9976円となっており、EOS Kiss X9iダブルズームキットは7万7900円となっています。APS-Cセンサーのカメラで、標準ズームと望遠ズームがついてくるキットですので、この価格ならば売れるのも理解できる金額ですね。

絶対的な販売数量が低下している一眼レフ

ニコンのNikon D5600が一眼レフで1位を獲得したからといって、素直には喜べません。というのも、基本的には一眼レフのほうがミラーレスよりも遙かに売れていると考えられるからですね。

例えばですが、価格.comの調査によれば、今回、1位を獲得したD5600と2位のEOS Kiss X9iの全体的なランキングは以下のようになっています。

・Nikon D5600ダブルズームキット デジタル一眼カメラ全体で10位
・EOS Kiss X9iダブルズームキット デジタル一眼カメラカメラ全体で19位

価格.comによる

このように一眼レフで1位であっても、レンズ交換式の一眼カメラ全体では10位にすぎず、D5600よりも売れているミラーレスカメラが9機種ほどあることが想像されます。さらに2位のEOS Kiss X9iではカメラ全体で19位ということで、より売れている機種が17機種もあるということになります。

ということは、いまや一眼レフ全体の売れ行きが低迷してしまっているということが考えられ、一眼レフがいくら売れても収益がかなり得られるという状態にはなっていないと想像されますよね。

もちろん売れないより売れたほうがいいことは間違いないですが、数量ベースではミラーレスのほうが売れていると思われるため、やはり今後はミラーレスに注力することが求められそうです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog