パナソニック LマウントAPS-C機計画?? マイクロフォーサーズの行方は

結局、パナソニックは考えを改めてLマウントのAPS-Cカメラを作るかもしれない。

この情報は、過去に数多くの正しい噂をシェアしてきた信頼できる情報筋からの情報だ。だから、私は、この噂が本当であると99%の自信がある。これが情報筋が述べたことだ。

・シグマはLマウントの進行状況について、とても不満に感じている。シグマは、パナソニックにもっとLマウントシステムに注力するように促している。
・彼らはLマウントベースのAPS-Cエントリーミラーレスカメラについて本当に考えている最中だ。
・彼らは、動画撮影の分野において、キヤノンを最大の競合メーカとみている。

パナソニックはマイクロフォーサーズシステムと競合しないようにするために、LマウントのAPS-Cカメラを製造する計画はないと、複数回、声明を出していた。でも・・、パナソニックは彼らの考えをすぐにでも変えるかもしれないし、そしてそれはマイクロフォーサーズユーザには悪いニュースになるだろう。

(記事を一部引用して意訳しています)

パナソニックがLマウントAPS-Cミラーレスを計画中?

43RumorsがパナソニックがLマウントを採用したAPS-Cミラーレスを計画中だと報じています。画像はDC-S1Rです。

記事によれば、パナソニックがLマウントを採用したAPS-Cミラーレスカメラを計画中だとしています。そして、この情報は、過去に常に正しい噂として情報を提供してくれた情報筋からもたらされた情報だとしています。なので99%の自信があるとしていますね。もしこれが本当なら、かなり角度の高い情報ということになり、ついにパナソニックもフルサイズミラーレス用のマウントでAPS-Cセンサーのミラーレスを発売するのかという感じです。

シグマがパナソニックにLマウントへの注力を促す?

記事によれば、シグマがパナソニックに、もっとLマウントへ注力するように促しているとしています。まあ、この理由については、わからなくもありません。これまでパナソニックが発売したカメラは、2年前に発売された2機種のみで、その後にようやくDC-S5が発表されたという状況です。

例えばニコンでは、Z 5/Z 50を投入していますし、一眼レフでもD780やD6を投入していることを考えると、まだニコンのほうがハイペースと言えるのかもしれません。

なので、実質的ににLマウントのカメラを製造している唯一のメーカとなっているパナソニックに、もっと多くのユーザを獲得できるようなカメラを製造して欲しいと思う気持ちはよくわかります。でも、そんなに焦る必要があるのでしょうか?

シグマといえば、様々なマウントのサードパーティー製レンズを作製しているメーカです。それぞれマウントが異なるレンズを設計しているわけですが、ミラーレスカメラを発売する各メーカのマウントのフランジバック(マウント面からセンサーまでの距離の長さ)の一覧を記述してみます。

・キヤノン RFマウント 20mm
・マイクロフォーサーズ 20mm
・ライカ Lマウント 20mm
・ソニー Eマウント 18mm
・キヤノン EF-Mマウント 18mm
・ニコン Zマウント 16mm

マウント口径の問題もありますが、フランジバックだけみればLマウント用にフランジバックを20mmに設定したレンズを設計すれば、事実上、最もフランジバックの短いZマウントだろうが、ソニーのEマウントだろうが同じレンズとして流用できるということになります。

なので、Lマウント用としてレンズを設計していても、ソニー用レンズとして発売することができれば、それで利益を得られるはずですので、わざわざLマウントカメラの充実を目的とすることにどのような意味があるのか、ちょっと理解ができない感じもします。

レンズメーカとしては、別にどのメーカのシェアが大きくなっても、そのメーカ用の互換レンズを作ればいいので、別に利益的には何の問題もないと思いますし、今のフルサイズミラーレスのトップシェアとなっているソニーのEマウントは、マウント仕様を公開していますので、すべてのメーカのレンズがネイティブレンズといっていい状況ですので、安心してシグマ製Eマウントレンズも購入することができます。パナソニックに促すことに何か意味があるのでしょうか?

可能性としては、Lマウントのアライアンスを組んだときに、他社マウントへのレンズ供給制限に関する条項があるとか、逆にEマウント用レンズの供給制限があるとか、それがネックになっている可能性もあるでしょうし、単にLマウント用レンズが売れないのでデッドストックになっている製品がかなりあって、マウント別の販売で赤字になっているという可能性もありそうです。ですが、これらはすべて憶測というか妄想で、どうしてシグマがそれほど焦るような状況になっているのか少し気になるところですね。

そしてもし、LマウントでAPS-Cセンサーのカメラが発売されたら、マイクロフォーサーズとの共存は不可能だと思います。そうなるとパナソニックはマイクロフォーサーズから撤退ということになるのでしょうか?そちらも気になりますね。

(記事元)https://www.43rumors.com/panasonic-might-change-their-mind-and-do-aps-c-l-mount-cameras-afterall/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog