キヤノン 2021年に発表するフルミラーレス用レンズの噂

キヤノンが2021年に発表するかもしれないRFマウントレンズについてのヒントを取得した。

私たちの情報筋は、キヤノンが3本のRFマウントレンズを2021年内に発表する予定だということを示唆している。

・RF 70-135mm f/2L
・RF 250mm f/2L
・RF 500mm f/2.8L

これら3本のレンズは、すべてもっともらしい。

2021年には他のRFマウントレンズも噂されている。

・RF 18-45mm IS STM
・RF 24mm Macro IS
・RF 100-400mm IS USM

(記事を一部引用しています)

キヤノン新レンズの噂

CanonWatchがキヤノンの新レンズについての噂を掲載しています。画像はEOS R5で、今回の記事とは無関係なレンズです。

記事によれば、キヤノンは2021年にLレンズの新レンズとして、上記の3本のレンズを発表する可能性があるとしています。みると明るいレンズばかりですね。Lレンズだから当然かもしれません。

70-135mmはf/2通しのレンズで、大口径で焦点距離的に中望遠域をカバーしているのでポートレートなどに向いているレンズと言えそうです。もちろん一部を切り抜くようなスナップ撮影が得意な人にも向いているかもしれません。

それ以外は明るい単焦点の望遠レンズになるようです。こちらも大口径なレンズですので、室内のスポーツ撮影などでは、ミラーレスの静音撮影とともに利用することで活躍しそうですね。

これ以外にも非Lレンズの廉価なレンズとして、超広角ズーム、広角マクロ、超望遠ズームなども発売される可能性があるようです。一般的なユーザとしては、こちらのレンズのほうがどのようなレンズなのか気になるところかもしれませんね。

(記事元)https://www.canonwatch.com/these-three-canon-rf-lenses-are-scheduled-for-2021-possibly/