Nikon Z6/Z7後継機種の噂 デュアルメモリ、縦グリップ対応か??

・現在のZ 6/Z 7の差分更新モデル
・Z 6/Z 7と同じセンサー
・デュアルEXPEEDプロセッサ
・新しいEN-EL15cバッテリーを使用
・USB給電
・CFExpressとSDメモリのデュアルメモリカードスロット
・4k 60p動画
・さらなる新しいビデオ機能
・576万ドットのEVF(現在のZ 6/Z 7は369万ドット)
・ボタンとコントロールがある縦グリップ(オプションのアクセサリ)
・今年の発表が今でも予定と予想されている(10月あたり?)
・現在のZ 6(1797ドル)とZ 7(2497ドル)より高い価格

(記事を一部引用しています)

Nikon Z 6sとZ 7sの噂

NikonRumorsがZ 6/Z 7の後継機種について報告しています。画像はZ 6です。

記事によれば、年内にZ 6/Z 7の後継機種となるZ 6c/Z 7cが発表される可能性があるとしています。基本的には現在のZ 6/Z 7に機能が追加されたり、新しいオプションがついてくるようなモデルになるようですね。

違いはいくつかあるようですが、まずセンサーはZ 6/Z 7と同じセンサーだそうです。ということは裏面照射型のセンサーが搭載されるということになりますね。Z 5のセンサーは裏面照射型ではないようですが、そのぶん高感度耐性がやや落ちるようです。そのため低照度での撮影については、Z 6/Z 7のほうが向いていると言えるかもしれません。

そして、今回はデュアルメモリカードスロットを採用するようです。これはZ 6/Z 7の発表時にかなりがっかりした人が多かったようですが、このことがかなり影響していると思われますね。そして、縦グリップがないことについても賛否両論がありましたが、今回はオプションとしてレリーズボタンとダイヤルのある縦グリップが発売されるようです。このあたりの改善については嬉しい人はおおいかもしれません。

そして、デュアルメモリカードスロットになり、より高速演算が必要になったのか、それともビデオ機能が向上しているのか、理由はわかりませんが、これまでのシングルEXPEEDプロセッサからデュアルEXPEEDプロセッサになるようですね。これにより連写性能、または動画のフレームレートが向上する可能性があるかもしれません。

気になる価格は?

そんなわけですが、気になるのは価格です。噂では、現在のZ 6とZ 7の価格よりも高い価格になるとしています。記事元では、Z 6が1797ドル、Z 7が2497ドルとしていて、それよりは高いそうです。

ということは、この価格から考えると発売時の価格ではなく、発売から時間が経過して、若干値下がりした時点での価格より高いという記述のように思えますね。ちなみに、1797ドルは記事執筆時点のレートでは18万8174円で、2497ドルは26万1517円となっています。そして現在の最安値は価格.comの調査によれば、Z 6ボディが21万4900円、Z 7ボディが31万3629円となっています。

このことから考えると現在の販売価格よりも高いということになりますので、売り出し時の価格よりも高いというわけではないので、価格についてはよくわからないというのが正直なところなのではないかな?と思いますね。

仮に初値より高いということになると、Nikon Z 6の初値(売り出し時の価格)は24万5220円、Z 7の初値は39万3653円ですので、それより高いということになってしまいます。

噂ではデュアルメモリカードスロットになったり、EVFの解像度が向上していたりしますので、売り出し時の価格もZ 6/Z 7よりも高くなる可能性もあると思いますが、Z 6/Z 7はキャッシュバックキャンペーン込みの価格になっている可能性もあるので、安い価格設定になる可能性もあるのかな?という印象です。

そして、既存のZ 6/Z 7が併売されていくのか?というのも気になるところではないかな?と思いますね。このまま長く発売し続けていって、価格が下落していくと、性能的にはかなり優秀ですので、ランキング上位に入り続けることも可能ではないのかな?と思います。

(記事元)https://nikonrumors.com/2020/09/21/updated-rumored-nikon-z6s-and-z7s-camera-specifications.aspx/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog